ラスベガスでも高級ホテルWynnラスベガスに泊まってみた!宿泊料金、気になる部屋、部屋の設備などをレビュー

Wynn Lasvegas

ラスベガスのホテルは、ほとんどゴージャスですが、その中でも特にWynnホテルはエレガントと言われています。

そんなWynnホテルに宿泊してみました!
部屋や、アメニティや設備は何が付いているのか?
値段はいくらくらい?
冷蔵庫が使えるのか?
お風呂やシャワートイレ。
収納やベッドなどの状況。
などなどをレビューしました。

ホテル予約や日本から持っていくものの参考にしてください!

先ずは気になるお部屋のレビュー

 

Wynnはとっても広い部屋

部屋は広く、窓もとっても大きいです!
先ずは写真を見てください!!

Wynn Las Vegas 部屋
Wynn Las Vegas 部屋

Wynnホテルの部屋はストリップ沿い(西)か、東側です。
今回の部屋は東側でした。

壁にかかっている特徴的な絵は、アンディ・ウォーホールです!

ベットもゆったり!

Wynn Las Vegas ベッド
Wynn Las Vegas 部屋

宿泊して初めての朝。

朝日がバッチリ!

朝日を受けて、こんな写真も!

朝日で影がくっきり!

お風呂・トイレも豪華!

洗面台二つあります。一人で泊まったので、そんなに必要ないのですが、女子やファミリーには嬉しいですよね!

wynn Las Vegas 洗面台
wynn Las Vegas 洗面台
wynn Las Vegas お風呂
wynn Las Vegas お風呂

お風呂のお湯はこんな感じで出てきます。

wynn Las Vegas お風呂

なんか、お風呂にテレビがついていました。。
実は一度も使わなかったけれども。。

シャワーはガラス壁。

wynn Las Vegas シャワー

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープが付いています。
品質はどうでしょう?特別にいい感じはしませんでした。。

wynn Las Vegas シャワー
wynn Las Vegas シャワー&シャンプー
“memo”
ちなみにシャワーの出し方。蛇口のひねり方がわかり難かったので、少し解説しておきます。

この状態が、シャワーが止まっている状態です。
左側に赤い丸、右側に青い丸がついているので、右側が水なんだなとは思いますが、回す蛇口が一つしかなくて、混乱します。

結果的には、だいたいこの位置にすると、ちょうどいい温度のお湯が出てきます。

アメニティ。

wynn Las Vegas アメニティ
wynn Las Vegas アメニティ
“注意”
歯ブラシは付いてません!

ドライヤーあります。

トイレにもウォーホールの絵が!

wynn Las Vegas トイレ
wynn Las Vegas トイレ

クローゼットも広い!

アメニティ・スナックはどうか?

綺麗に配列されていますねー!
見ているだけでもうっとり。

wynn Las Vegas スナック
wynn Las Vegas スナック

KUROKO

このお菓子たちですが、30秒以上たつと、自動課金されてしまうので注意です!!

ちなみに、お値段は下記。

wynn Las Vegas スナック料金
wynn Las Vegas スナック料金
やっぱりお値段はそこそこしますねー。

しろこ

KUROKO

ですね。。コンビニに買いに行こう。
wynn Las Vegas 部屋飲料料金
wynn Las Vegas 部屋飲料料金
wynn Las Vegas 部屋飲料料金
wynn Las Vegas 部屋飲料料金
wynn Las Vegas 部屋飲料料金
wynn Las Vegas 部屋飲料料金

机、執務スペース、電源など

机の上です。綺麗。

なんか機能がたくさんついている電話。。
使いませんが。。

ベットの横も機能豊か。

電源二つに、USB二つ付いている電源ジャックありました!

amazon echoが付いている!!

驚いたのは、部屋にamazon echoが付いていました。

amazon echo

このamazon echoで音楽を聴いたり、部屋のライトを調整したり、カーテンの開け閉めをしたり(カーテンが自動で開いたり閉めたりできるんです。ただ、手動で動かせないので、ちょっと面倒。。汗)

メニューはこんな感じ。

電気や清掃サービスのコントロールボタンがある

電気のコントロールや、ホテルの清掃サービス

Wynnホテル コントロールボタン
Wynnホテル コントロールボタン

この写真の「PRIVACY」ボタンを押しておくと、ホテルの清掃サービスのスタッフは入ってきません。

KUROKO

これはとっても便利!

ちなみにこの「PRIVACY」ボタンは、先ほど紹介したAmazon Echoに話しかけてコントロールすることも可能です。
ぶっちゃけ一回も使いませんでしたが。

巨大な窓から抜群の景色!

wynnホテルに持って行った方が良いグッズ

 

以上、部屋の状況ですが、Wynnホテルに実際に行ってみて、アメニティや設備として用意されているもの。
一方、用意されていないので、持って行った方がいいもの。をあげてみたいと思います。

Wynnホテルに用意されているもの

  • ドライヤー
  • アイロン
  • バスローブ的な寝まき
  • グラス・コップ
  • アイスホルダー・アイス(氷)

(Wynnホテルに無いので)持って行った方がいいもの

  • 歯ブラシ
  • バスローブが嫌なら寝まき
  • (持ってくのは辛いが)スリッパ
  • ワインなどの栓抜き

気になるホテル料金は?

 

私は、今回閑散期ではありますが、ちょうどコンベンションセンターで展示会が実施していた時期なので、その影響もあるかと思います。

こんな感じでした。

宿泊曜日金額
土曜日$270
日曜日$349
月曜日$349
火曜日$349
水曜日$270
木曜日$270
金曜日$270

なお、これとは別に、リゾートフィーが毎日$25かかります。

決して安くはないですが、2泊くらいはしてみても良いと思わせるほどゴージャスなホテルです!

Wynn Las Vegasホテルの金額を見てみる