ラスベガスでスマホの利用。プリペイドSIMを買って使ってみた!(口コミ・レビュー)

ラスベガス プリペイドSIM

アメリカに旅行に行く際、スマホのデータ通信を使いたいもの。

でも日本の携帯会社の海外対応は、非常に高額です。

海外のデータ通信どうするか?比較の記事を書いたので、参考まで。

海外旅行 スマホデータ通信アメリカに行く際のスマホ通信どうする?ローミング、ポケWifiレンタル、プリペイドSIMを比較検討してみた!

今回ラスベガスに旅行に行くことになりました。
そこで、プリペイドSIMを日本で購入し使ってみましたので、体験記、レビューを書きます。

日本のamazonで海外対応のプリペイドSIMを購入

 

今回購入したプリペイドSIMはこちらです。
MOSTSIMという商品です。

  • 使用期間は7日間
  • 海外(アメリカ)での電話は使い放題(アメリカから他の海外への電話は不可能)
  • アメリカでのデータ通信は使い放題。(カナダ・メキシコでは5GBが上限)
  • T-MobileのSIMの模様
  • 金額は3180円
created by Rinker
MOSTSIM
¥2,690 (2019/10/17 02:55:35時点 Amazon調べ-詳細)

amazonで購入し数日後、以下のパッケージが届きました。

mostsim パッケージ
mostsim パッケージ

中には説明書、スマホのSIMカードを開けられる金具、プリペイドSIM本体が付いていました。

mostsim パッケージ

日本でアクティベーション

 

アクティベーションは、渡航前に日本でwebサイトから行います。

STEP1
web登録

まずは、指定のウェブサイトを開きます。

SIM番号とパスワードの入力が求められます。

送られてきたSIMカードにシールで貼られていますので、その通りに入力します。

mostsim アクティベーション
STEP2
詳細情報を入力

アクティベーションの情報を入力します。

携帯電話のIMEI(製造番号)の入力。
携帯電話で、「*#06#」を入力すると表示されます。

希望の開通日。
太平洋時間で設定されるようです。

滞在期間

mostsim アクティベーション
“注意”
7日間の定義ですが、7日x24hではなく、7日間のようです。

私は8日間滞在しましたが、7日目の夜12時くらいに使えなくなりました。

STEP3
設定完了

この画面が出れば設定完了です。

mostsim アクティベーション

以上で、設定は完了です。

あとは、スマートフォンにSIMを入れておきましょう。
飛行機などでの作業は結構無くしやすいので注意です!

プリペイドSIM

海外に着いたら自動接続

 

空港についてもなかなか電波が入らない

私の場合は、飛行機が着陸して早速電源を入れましたが、一向に入りませんでした。。

設定画面を見てみたところ、ネットワーク選択欄にT-Mobileというのが出てきたので、しばらく待ってみることに。。

入国手続きをして、スーツケースをゲットしたらいつの間にか入っていた

場所はあまり関係ないとは思いますが、入国手続きに30〜40分ほどでしょうか?待っていて、その後スーツケースを取りにいきますが、その後ケータイをチェックしたところ無事に電波が入っていました。

ラスベガスやグランドキャニオンへのツアーでの接続状況レビュー

 

ラスベガスではとってもよく繋がる

ラスベガスでの使用はとってもよくつながりました。

地図を見ながら街を散策できるのはやっぱりいいですし、
飲食店など探すのも重宝しますよね。

気になったのは二つ

一つ目は、ホテル内など、建物の中に入ると圏外になるケースが多少ありました。
T-Mobileにしてしまったので、AT&TのプリペイドSIMもありますが、そちらの方が良かったかもしれません。

AT&TのプリペイドSIMはこちら。
(値段はT-Mobileのものより少し高いです)

created by Rinker
MOSTSIM
¥2,880 (2019/10/16 16:21:00時点 Amazon調べ-詳細)

二つ目は、圏外だった状態から、明らかに外に出てもそのままだったり、ホテルのフリーwifiを拾って、外に出ても圏外のままだったり。というケースがありました。
これは、スマホを再起動すると、ちゃんと入るようになったので、特に問い合わせなどしませんでしたが、同じような事が起きた場合は、少し面倒ですが、スマホの再起動をおすすめします。

最後に、スマホの充電が切れる。。
こればっかりはどうしようも無いので、モバイルバッテリーを持っていくようにした方がいいですね。

ラスベガス郊外ではどうか?

ラスベガスから、日帰りの弾丸ツアーでグランドキャニオンやアンテロープキャニオンに行きました。

ラスベガス郊外では、接続はそれほど良くはありませんでした。

T-Mobileから写真のように「USA – Commnet」という3Gの回線に自動で切り替わったりなどしました。

ただ、ツアーでしたので、写真を撮るためにスマホはかなり使いましたが、ネットの検索などはあまり使いませんでした。

バンに乗りながら、今どこらへんかなと地図を見たりするのは楽しいので、その程度で使えるのは良かったかなと思います。

参考:SIMカードホルダーを持っていくと便利!

SIMカードを購入して持っていく場合に、日本で使っているSIMカードを無くすと大変です。
安価にSIMカードを格納できるホルダーが便利。

created by Rinker
LOHAS TECH
¥450 (2019/10/16 16:21:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

こちらは、2019年グッドデザイン賞を受賞したSIMカードホルダー。
かわいいですね!!

created by Rinker
V4sim Cases
¥658 (2019/10/16 16:21:01時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:結局良かったのか

 

アメリカ渡航では、プリペイドSIMはかなり使えると思います。
是非、皆様も購入して行かれることをおすすめします!

created by Rinker
MOSTSIM
¥2,880 (2019/10/16 16:21:00時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
MOSTSIM
¥2,690 (2019/10/17 02:55:35時点 Amazon調べ-詳細)