東京から日帰りでオススメスキー場「ふじてん」に行ってみた!混雑状況や価格、口コミ情報など

ふじてんスキーリゾート

富士山の麓にある「ふじてんスキー場」に行ってきました!

関東、特に東京・神奈川に住んでいる方に、日帰りで行ける近場のスキー場としてとってもオススメです!


ふじてんスキー場!

ふじてんスキー場はどこにある?行き方・アクセス

 

東名なら御殿場インターを利用。
中央自動車道なら河口湖インターで降りれば、30分もかかりません。

都心からも90分程度でいくことができます!

ふじてんスキーリゾート地図

ふじてんスキーリゾートの近くには、温泉があります。
「富士眺望の湯 ゆらり」というところです。
帰りに疲れた体を休めるにはもってこいです!

リフトや昼食の混雑具合とオススメのタイムテーブル

都心から近いだけあって混雑する要素がたくさん!

  • そもそも、車で駐車するまでに、結構時間がかかります!
  • レンタルをするのに並びます
  • リフト券の購入にも時間がかかります
  • リフトは昼過ぎからとても混みます。
  • 昼食もフードコートや個別のお店などいくつかありますが、12時過ぎると非常に混みます。
  • 帰りに近くの温泉が大混雑します

以上を踏まえ、とにもかくにも、「なるべく早い時間に行く」べきです。
オススメの日程を参考までに!


  • 朝6時
    家を出発!

    住んでいる場所によるとは思いますが、ふじてんに朝8時前に着くように行った方がいいです!
    途中、チェーンを着ける時間なども忘れずに、余裕を持って行った方がいいです。
    #ここの30分、1時間の違いが後々、大きく響きます。

  • 朝7:45
    ふじてん到着

    この時間に到着できれば、さほど、駐車場も混まずに入れるはず!
    そして、駐車したら、レンタル手続きとリフト券を購入しよう!

  • 8:30
    スキースタート

    準備が早ければ、8時から、遅くとも8時半からはきっと遊べるはず!

  • 11:00
    早めの昼食

    11時には、もうお腹ペコペコになっているはず!
    まだ、食事処は空いているので、一足早くご飯を食べちゃおう。
    休日だったら、ここで、リフト券やレンタルが驚くくらい行列ができてるのにびっくりすると思う。

  • 14:00
    様子を見てスキー終了

    14時から15時くらいには、疲れ具合を見て一足先に上がるのが得策!

  • 15:00
    近くの温泉に

    オススメは、ふじてん近くにある、富士眺望の湯 ゆらり。
    富士山も綺麗に見えます!
    #ただし、ここもスキー終わった人たちが押し寄せるので、夕方からは激混み間違いありません。。ふじてんの営業時間が16:30でそこからはナイターになるので、その前に終わらせていくのが吉!


雪はどのくらい?気になる車の装備は?

 

朝早くに車で行く場合は、ふじてんに入る前の入り口でタイヤが雪道対応されているかのチェックを行っています。
(帰りの15時頃通った時にはチェックはしていませんでした。朝は道が凍結していることも大きいと思います)

ですので、何らかの対応をしていかないと入れません。

ただし、除雪がある程度されており、正直夏用タイヤだけでも登りきれるような状態でもあると思います。ですので、高いチェーンでなくても、布用など簡易でも構わないと思います。

チェーンを探す

レンタル、リフトなど総額いくらくらいかかる?

 

どのくらいレンタルするか、リフトも何時間やるかによりますが、ざっと以下のような概算です。

  • レンタル品 (スキーor ボードセット+ウェア):大人8,500円/子供5,000円
  • リフト(1日券8:30-16:00):大人4,500円/子供3,500円
  • 昼食:1,000円
  • 駐車場:1,000円

大人一人あたり:15,000円程度
子供一人あたり:8,500円程度

やっぱりそこそこかかりますねー!

ウェアなどレンタル用品の金額は?どこまでレンタルした方がお得?

スキー板やレンタルボードなどを持っている人は稀でしょうが、、ウェアや手袋なども無いという方もいるかもしれません。
私も、学生時代にやってからしばらくやっていなかったため、すっかり道具を持っていませんでした。。

ふじてんのレンタル用品金額は?

大人子供
スキーセット4,500円3,000円
ボードセット4,500円4,500円

しろこ

子供はスキーセットの方が安いのね!
大人子供
ウェア4,000円2,000円

KUROKO

レンタル品で、大人が8,500円、子供は5,000円くらいかかるんだねー!

スキー板やボードは収納かさばるが、ウェアは買ったほうがお得!

スキー板やスノーボードの板、あるいはスキー靴やブーツは、家に収納しておくにもかさばるので、それなりに何度もやるような人でないとなかなか購入まではしたくないのですよね。

一方で、ウェアは購入していくのがいいと思います。
大人でも1万円もせずに良いウェアがあります。
子供向けも結構安く購入する事ができるので、ウェアは買って行った方がいいと思います。

大人向けウェアを探す

子供向けスキーウェアを探す

“注意”
帽子、グローブ、ゴーグルのレンタルはありません!!
ただし、ふじてんの売店で購入する事は可能です

ふじてん行くなら絶対に知っておいた方がいいお得情報!

 

これはリピーターにしか得られない特典なのですが、リフト券がICカードになっており、持ち帰って使うことができるのです。
何がお得かというと、

  • 1日リフト券が3000円(土日料金から1500円割引き!!)
  • 駐車場料金が無料!
  • リフト券購入に並ぶ必要なし

どうでしょう?
リピートされる可能性がある方は、これは本当にオススメなので、絶対にリフト券は持ち帰って次回活用した方がいいです。