バルミューダ創業者がスピーカーは作らないと言ったのに作った理由 -SNSで話題沸騰

バルミューダの高額な扇風機 購入とレンタルサービスどっちがお得? 検証結果はのコピー

こんにちは。音楽もほどほどに好きなkurokoです。

さて、家電界のAppleとも言われるBALMUDAがスピーカーを発表しました。

BALMUDAといえば有名なのが、トースターですよね。
発売されるや否や、他のトースターと比較してめちゃくちゃ高額にもかかわらず、飛ぶように売れています。

これです。

created by Rinker
BALMUDA(バルミューダ)
¥25,900 (2020/09/28 17:19:03時点 Amazon調べ-詳細)

私も持っています。
大満足しています。

 

BALMUDAは続けて、炊飯器や扇風機にも進出し、どれも成功を納めています。

 

そんなBALMUDAが、キッチンや生活からエンタテインメントに乗り出してきました。
第一弾として手掛けたのが、スピーカーでした。
6/26に発売され、これが今SNSで話題沸騰中。

それはなぜなのか?

 

そして、BALMUDAの創業者は「スピーカーだけは作らない!」と決めていたそうです。
ではなぜスピーカーを作ったのか?

 

今日の記事ではここら辺を掘り下げていきます。

BALMUDAが作ったスピーカーどんなの?

BALMUDA公式のインスタでスピーカーの外観を見てみましょう。

View this post on Instagram

BALMUDA The Speakerを本日より順次、全国のバルミューダ製品取扱販売店にて展示・販売を開始します。 . 驚くほど近くに聴こえるボーカル、上向きに設計したスピーカーから360°広がる立体的で明瞭なサウンド。そして楽曲とシンクロする鮮やかな輝きでライブステージのような音楽体験をつくり出します。 . BALMUDA The Speaker 今までにない音楽体験をお届けするワイヤレススピーカー . ▼詳細は写真内の商品タグ、またはストーリーズから @balmuda . #BALMUDA #バルミューダ #BALMUDATheSpeaker #バルミューダザスピーカー #音楽の輝き

A post shared by BALMUDA (バルミューダ) (@balmuda) on

さすがBALMUDAというデザインです。

ただ、ランタンのようにも見えますね。
真ん中のランプはどういう意味があるのでしょう?

 

それは・・・
公式インスタの動画を見てみてください。

View this post on Instagram

ワイヤレススピーカー「BALMUDA The Speaker」を発表しました。 . 驚くほど近くに聴こえるボーカル、上向きに設計したスピーカーから360°広がる立体的で明瞭なサウンド。そして楽曲とシンクロする鮮やかな輝きでライブステージのような音楽体験をつくり出します。 . ▼詳細はプロフィールのリンク、またはストーリーズから @balmuda . #BALMUDA #バルミューダ #BALMUDATheSpeaker #バルミューダザスピーカー #音楽の輝き . . . #バルミューダの新製品 #バルミューダスピーカー #bluetoothスピーカー #スピーカー #360度サウンド #オーディオ #音楽のある生活 #音楽 #高音質 #ライブステージ #柔らかい灯り #灯りのある暮らし #贅沢時間 #まったり時間 #スピーカーで音楽を聴こう #ガジェット #ガジェット好き

A post shared by BALMUDA (バルミューダ) (@balmuda) on

 

音楽に合わせてピカピカ光っています。

そう、音楽に連動して光仕組みになっているのです。

私は一瞬、
これ意味あるの?
という気もしました。。

 

ちょっとこの点については後ろで深掘りしていきますよ。

➡️ 楽天でBALMUDAのスピーカーをみる

➡️ ヤフーショッピングでBALMUDAのスピーカーをみる

SNSではバズりまくっています!

このBALMUDAのスピーカーがSNSではバズりまくっています。

https://twitter.com/asviso3mee/status/1276649410760302592

 

これほど絶賛されているレビューは、AppleのAir Pods Pro以来ではないでしょうか?
➡️ Air pods proを買って3ヶ月良かった事とイマイチな事のレビュー -Voicyとの相性が最強

 

BALMUDAの製作ストーリーに納得!

公式ホームページには製作ストーリーが掲載されています。

ぜひ、全文読んでみると、なるほど、だからこういうスピーカーを作ったのか!と唸らせる内容になっています。
このブログでも概要をご説明しますが、気になる方は本家のサイトを参照ください。

➡️ BALMUDAのHP
➡️ 購入はこちら

 

製作秘話

実はBALMUDAの創業者は、昔音楽をやっていたそうです。

BALMUDAを創業した時スピーカーは絶対に作らないと決めていました。
では、なぜ今回スピーカーを作ったのか?

こうです。

そもそも、なぜスピーカーを作らないと決めていたのか。

バンドを始めた時のことです。
一生懸命練習して、ボーカル、ギター、ベース、ドラムが初めて一体となって生み出された「グルーヴ」に驚き、感動しました。
それは、会場だけでなく外にも突き抜けるような言いようのない体験でした。

そして、録音された音源ではその再現ができないという事がはっきりと分かってしまった。

これがスピーカーを作らないという理由です。

 

しかし、この創業者にデザイナーが素晴らしい提案を持ち込んできます。

それは、古いラジカセのような形をしていました。
しかし、両方のスピーカーの間には空間が空いていました。

デザイナーは、ここがステージだとプレゼンしたのです。

音楽に合わせてそのステージはグルーヴを生み出していました。

創業者はこのデザインをいたく気に入りました。

 

製作秘話はここでは終わりません。
このステージの演出は、当初は音楽事にプログラムしなければうまく動きませんでした。

そこで、AIを活用して、サビや間奏を認識することにしました。
しかし苦戦は続きます。

たくさんの失敗の後、ついにグルーヴを再現するステージを作り上げることに成功しました。
(どのように実現できたかは、もちろん企業秘密とのことです)

 

BALMUDAが圧倒的にすごい点

このストーリーを読んではっきりと分かったのは、BALMUDAのすごい目の付け所です。

ソニーもBoseもAppleもスピーカーは「音質」だけを高品質に再現しようと取り組んできました。
あの、UXに富んだAppleでさえ、音質のみを追求しています。

しかし、BALMUDA は、ファンが音楽を聞く時の心の高揚=グルーヴをどのように再現するのかをこだわり抜き、
結果として、視覚とともにグルーヴを再現するというアイディアを思いつきました。

 

今までのBAMUDAの家電が選ばれる理由。
そして、スピーカーも選ばれるであろう理由がここにあるのだとはっきりわかりました。

 

どうでしょう?
欲しくなってきませんか?

➡️ 楽天でBALMUDAのスピーカーをみる

➡️ ヤフーショッピングでBALMUDAのスピーカーをみる

 

人気記事

おすすめ! ようやく日本でもHome Podが販売!ハワイで購入した筆者が実際に使ってみたレビュー・口コミ

おすすめ! バルミューダの高額な扇風機 購入とレンタルサービスどっちがお得? 検証結果は?

おすすめ! めちゃクールなスーツケース。Tuplusを買ってみた!(口コミ・レビュー)