アメリカ渡航時に必要なESTA申請は注意!申請で騙され高い料金を払いました。。どのように騙されたのか解説します。

ESTA

アメリカへの渡航にはESTAが必須となってずいぶん経ちます。
このESTA申請で騙されました。。

騙されたといっても、申請はちゃんとされて発行もされるもの。
ただし、通常申請に必要となる金額よりも大幅に取られてしまいました。。

騙された手法について、解説します。

皆さんも同じように騙されないように気をつけてください。

 

そもそもESTAとは何か

ESTAをすでにご存知の方は読み飛ばしてください。

ESTAは2009年に導入された仕組みで、米国に渡航する全ての旅行者は事前に申請する必要があります。

申請はネットから行うことができ、申請料金は14ドルかかります。
申請料金はクレジットカードで支払うことが可能です。

私は、この14ドルという料金を知らなかったために、騙されてしまいました。。

ちなみに、正規のサイトはこちらになります。

ESTA申請サイト

このようなサイトです。

ESTA 申請 正規サイト

私がESTA申請で騙された手口とは?正しい料金は?

端的にご説明すると、上記の正規サイトではないWebサイトにアクセスして、そこから申し込みました。
結果、本来は14ドルですむ申請料金が、70ドル支払ってしまいました

なぜ、間違えてしまったのか?

一つ目の理由は、14ドルという料金を知らなかったこと。

ネットで申請できるということは知っていたのですが、料金を知らなかった。
14ドルで申請できます。それ以上かかることはありません!

二つ目の理由は、グーグルで検索して最初のリンクをクリックしてしまったことです。

ご存知の通り、グーグル検索では上位に出てくるのは広告のサイトです。
私は、(おそらく)ここを意識せずに、クリックしてしまい、結果70ドルも支払うことになりました。

三つ目は、見た目に特に違和感が無く、本物のサイトと思ってしまいました。

まさか、騙すようなサイトがあると思っていませんでした。
そのような注意喚起もなかったです。

ちなみに、下記のようなサイトです。。ほとんど本物に思ってしまいます。。

ESTA 申請 非正規サイト

 

以上、私が騙されてしまった理由です。

ぜひ、この記事を参考に、騙されることなく、正しい申請サイトより申請していただきたいと思います。