【宮崎旅行記】宮崎に一泊二日 弾丸一人旅(ソロ旅) 隈研吾のホテルに泊まる旅

帰宅路

こんにちは、ソロ旅大好きkurokoです。

余ったマイルで旅行に行こうシリーズ 今回は、宮崎県に一人旅行ってきましたので、ご紹介したいと思います。

いつもは、一泊二日でsight seeingつめつめ旅行が多いのですが、 今回の目的は隈研吾さん設計のガーデンテラス宮崎 ホテル&スパに宿泊する一点に絞り込みました。
なので、レンタカーもせずに、空港からホテルに行って、帰ってこよう。という計画でした。当初は。

しかし、ホテルのチェックインまで少しあるのと、やっぱり宮崎の食を食べたいと貧乏性発動しまして、ちょっとだけ観光と食を堪能する旅になりました。

ということで、今回はそれほど盛りだくさんではないので、参考になるかは怪しいですが、 ご旅行される方の参考になれば。。。

宮崎弾丸一人旅のルート ハイライト

今回の旅行、ざっくりいうとこんな感じです。

観光
宮崎神宮
ホテルのチェックインまで時間があったので、まず向かったのは宮崎神宮

ホテル
ガーデンテラス 宮崎

今回の旅の目的 隈研吾さん設計のホテルガーデンテラスの宿泊 結構金額は高いのですが、大満足 隈研吾さんの空間が体験できましたし、ホテルとしてのおもてなしや、オールインクルーシブなサービスにも感動しました。

詳しい記事はこちらを参照
ガーデンテラス宮崎【宿泊記】宮崎県 隈研吾設計したホテル「ガーデンテラス宮崎」に宿泊!

夕食
「粋仙」で地鶏炭火焼きを堪能

ホテル宿泊の値段も結構したこともあり、宮崎駅の繁華街がそう遠くなかったこともあり、 夕食は外で食べてみました。

これが大正解!

地鶏炭火焼きって東京でも全然食べられるのですが、結構違いました

昼食
「竹彩」で鉄板焼きを堪能

最後は、ガーデンテラス宮崎何にある鉄板焼き竹彩でのランチ 鉄板焼きってランチで食べるとお得なんじゃないかと思います!

詳しい記事はこちらを参照

鉄板焼 竹彩 ガーデンテラス宮崎宮崎県で鉄板焼や「竹彩」でランチ! 都心で食べるよりリーゾナブル! 口コミ・レビュー

 

それでは宮崎一人旅 深掘りしていきましょう。

 

まずは飛行機から見えた富士山。綺麗に見えるとやっぱり撮っちゃう。
九州線はいい感じに富士山が見えるルートをとってくれる気がするんですよね。

富士山  

そして降り立ったのが、ブーゲンビリア宮崎空港 地方空港としては大きく立派な方だと思います

宮崎ブーゲンビリア空港

ブーゲンビリアって何?と思ってちょっと調べてみましたが (ファーストインプレッションとしては、ドイツのビールに銘柄がありそうだな、、、的な)

ブーゲンビリアは花の名前。
宮崎観光の創始者とよばれる岩切氏が景観づくりの一環でブーゲンビリアを植えたことで広まったとのことです。

なるほど〜。  

 

宮崎空港に着いたのがちょうど昼前くらいだったので、昼食をとることに!

食べたのは、とり天
宮崎というよりは大分?名物かな。

でも宮崎は鶏の生産量No1ですから!

とり天セット

とり天はやっぱり鉄板だーー。

美味しかったです。  

宮崎神宮

今回の目的はガーデンテラス宮崎に泊まることだったので、大して調べずに出発しまして、飛行機の中できめまました。

宮崎も色々観光場所がある中でここに決めた理由は
今回レンタカーを頼んでいなかった事、宮崎観光するには車は必須ですねぇ
そして、最近読んだ「アマテラスの暗号」がとても面白かったこと

ちょっとだけ寄り道しますと、 アマテラスの暗号は、日本版のダヴィンチ・コードとも言われ、とてもよく似ています

天皇家の血筋や神社に残る暗号や謎を解いていくのですが、すっかりハマり一気に読みました。
ダヴィンチ・コードと同様に、そうなのかも!!と思わせてくれるような歴史の話と、その後ググるとそれにまつわる話がたくさん! おすすめなので、読んでみてください。

created by Rinker
¥1,250 (2023/05/30 21:42:16時点 Amazon調べ-詳細)
 

という事で、アマテラスの暗号を読んでから、神社に興味がわき、そして神社も全く詳しくなったkurokoですが、「神宮」と付くものは天皇直系の神社ということをうっすらと理解し、これは行ってみようと思った次第。  

 

さてさて、空港からは電車で一本なので、早速乗りこみました。

一泊二日ですが、小さいスーツケースで来ていたのが気になりましたが、ホテルによるのも面倒なので、コインロッカーに預けようと。 思って、降りたところがこの駅

宮崎神宮の最寄駅

ちょちょ、、神宮って大きな神社なので、そこそこ大きめの駅かと思ったら、、 周りにも何もない。

当然コインロッカーない。。

仕方ないスーツケースもろとも行くことにしました。

ちなみに、今回もお供してくれるのはTuplusのスーツケース。 被らないのと、デザインがいいのと、前面がパカっと開くのでとっても使いやすくおすすめです!

詳しいレビューはこちら

tuplusめちゃクールなスーツケース。Tuplusを買ってみた!(口コミ・レビュー)

 

でもでもスーツケースで歩くのはなかなかしんどく、、、
神社の前で植木市がやっている!

そこで、植木を売っている方にお願いして、スーツケースを預かってもらうことにしました!

「コインロッカー代500円払いますので、お願いできますでしょうか?」
「お金なんていらないよ、ここに置いておきな!」

なんという男前の! 本当に宮崎県人いい人です!  

 

さてさて、スッキリして宮崎神宮に向かいます。

駅がだいぶ。。だったので、
神宮もどうかなと思いましたが、

これです。神宮です。

宮崎神宮

そして人も少なく貸切状態 健康を祈念しました。

宮崎神宮

「アマテラスの暗号」のような秘密が見つかるかも! なんてうっすら思いましたが、実際に来てみると小説の世界とは当然違いますよね。

でも、少し神社建築に興味も湧きました。
配置や位置どり、柱や梁の組み方、彫刻の入れ方、職人芸の部分、木の材料。 改めてみてみると全然わからないことだらけ。
これは今後ちょっと調べてみようかなと  

 

同じ敷地を散策してみましたが、かっこいい建築が! 森の中に隠れてたたずむなまこ壁の古い建物。
何か事件が起きそうなたたづまい。
神社の敷地内にしては近代的な建物です

宮崎神宮

 

  こちら、有形文化財に登録されていて、明治時代の建物。

宮崎神宮徴古館といい、宝物や書物を展示するために作られたそうです。
しかし、立派ななまこ壁です。
これを作れる職人さんも近年は少なくなっているとか。

宮崎神宮

残念ながら中には入れませんでしたが、なかなか存在感のある建築でした。  

隈研吾設計のガーデンテラス宮崎

さてさて、宮崎神宮を満喫?したので、いよいよ本目的のガーデンテラス宮崎へ向かいます。

長くなるので、詳しくはこちらのエントリーに書きましたが、よかったです。

ガーデンテラス宮崎【宿泊記】宮崎県 隈研吾設計したホテル「ガーデンテラス宮崎」に宿泊!

 

建築ももちろんですし、ホテルとしてのおもてなしも。
施設として色々充実しているかというとシンプルなんですけど、過ごす時間は快適でゆっくりで全く足りませんでした。

ガーデンテラス宮崎

ガーデンテラス宮崎

 

夕食は地鶏炭火焼 居酒屋「粋仙」へ 予約したほうがいい!

夕食は今回はホテルではなく、外へ行きました。

すでに予約していたのですが、ホテルのルームサービスも結構リーゾナブルなので、これもアリだなぁと後から思った次第。 黒毛和牛ステーキ御膳とかが5000円以内とは。。

ガーデンテラス宮崎 ルームサービス

ガーデンテラス宮崎 ルームサービス

  さてさて、それでは「粋仙」です。

地元でも有名な地鶏炭火焼きで、かなり混んでいました。
外観はこんな感じでちょっとおしゃれ! 粋仙  

一人でしたが、まず頼んだのは鶏刺しの盛り合わせ ささみ、心臓、砂肝?、
ちょっと忘れちゃいましたが、どれも新鮮で臭みなど全くなく、
美味しかったなぁ。
酒に合います。

粋仙

  そして、メインは地鶏炭火焼き

粋仙

味はもちろん、鶏肉が柔らかくて、柔らかくて、、、

地鶏の種類が二つあって、今回はせっかくなので高い方にしてみたのですが、正解です。

結構ふるさと納税などでも地鶏炭火焼きがあって頼んだりするのですが、
固かったりしてイマイチなことが多いんですよね。。

ここはそんなのではありませんでした。
もう柔らかくて美味しい。
東京でも〇〇農場といった居酒屋で食べられますが、結構違いますね。

お会計は5000円弱。

もう一度食べたいなぁ。

ほろ酔いでホテルに帰り、ガーデンテラス宮崎を堪能しました

 

二日目の昼食は鉄板焼きの「竹彩」で

さてさて二日目の朝食はホテルのものを食べ、これもめちゃくちゃよかったです。

詳しくはホテルのエントリーで。

昼食は、同じくガーデンテラス宮崎のレストラン竹彩を予約しておきました。
東京でも鉄板焼は食べられるし、高級なものはいくらでもあるので、わざわざ旅行先で東京で味わえるものを。。
というのもどうかとも思いますが 地方の高級ホテルの鉄板焼きもありです。

リーゾナブルで地元の食材を堪能できる

こちらも長くなるので詳しくは別エントリーしました。
鉄板焼 竹彩 ガーデンテラス宮崎宮崎県で鉄板焼や「竹彩」でランチ! 都心で食べるよりリーゾナブル! 口コミ・レビュー  

昼食を取ったらもうお別れの時間です。
宮崎駅からExpressに乗ってブーゲンビリア宮崎空港へ

 

 

さてさて、Amexのゴールドがあるので、ラウンジにと思ったら。
びっくり。
Amexのゴールドでは入れない!!
Amexだけ対象外とのこと。そんなことがあるんですね。。

宮崎ブーゲンビリア空港

 

 

  帰りも天候はとってもよく、いい景色でした!

 

帰宅路    

隈研吾氏設計のホテルと、食三昧の一泊二日。
楽しかった。
ちょろっと飛行機のって行くのありですね!  

 

おすすめの旅行記

おすすめ! 【鹿児島旅行記】息子と父の二人旅 -受験で勉強した知識を実用に

おすすめ! 【シンガポール旅行記】家族4人でシンガポール -子供と遊び、マリーナベイのスイートでラグジュアリーに!

おすすめ! 【ベガス旅行記】グランドキャニオン、アンテロープなど4台絶景+ルート66のツアー