富士山のふもとでグランピング!SUMIKAのキャンプサイトの感想、行くなら知っておいた方が良い事

富士山のふもとでグランピング

前回無印のキャンプ場で手ぶらでキャンプという記事を書きました。

無印キャンプ場無印のキャンプ場で手ぶらでキャンプデビューしてみた

キャンプは大好き!でも、まだ道具も買っておらず、いろいろと経験してから買おうと考えています。
そんな私たち家族が注目したのが、キャンプに続いて、最近のバズワードになっているグランピング。

グランピングと富士山といえば、「ほしのや」ですが、
今回は「SUMIKA」というキャンプ場で、ゲル型?の常設テントに泊まって見ました。

KUROKO

いやー、グランピング最高でした!!やっぱり自然はいい!!何より、前回は2時間くらい悪戦苦闘したが、今回はタープだけの設営だったので楽だった!
確かに!笑

でも、グランピングはとってもおしゃれで、キャンプはサバイバルって感じだけど、女子にはとてもいいわよね。

しろこ

泊まってみた感想や、SUMIKAまでの行き方、遊び場、金額など記事にしました。

 

SUMIKAキャンプ場への場所・行き方

SUMIKA Camp

SUMIKAは本栖湖の近くにあります。

都心からだと、御殿場ICか河口湖ICで降りて、1時間くらいかかります。
ちょうど富士山の反対なので、ちょっと遠いかなという感じです。

都心から御殿場ICまでは比較的近いので、富士山の周りの観光を少しして、キャンプフィールドにいっても良いかなと思います。

SUMIKAキャンプ場でグランピングサイト

注目のSUMIKAのゲルのテントはこんな感じ!

おしゃれじゃないですか!
時期によって金額は変わりますが、2万円〜4万円で宿泊可能です。

SUMIKA Camp 02

ただし、グランピングを登録しても、テントと寝るところはありますが、
ほかはありません。
今回も完全レンタルしました。

レンタルしたのは、以下のもの。

  • タープ
  • BBQコンロ
  • テーブル
  • 椅子
  • フライパン、紙皿・箸、包丁・まな板

以上しめて5000円程度と安い!

ちなみに、カセットコンロを持参しました。

SUMIKA Camp 03

SUMIKAキャンプサイトの施設にあるもの、売っているもの、自分で用意した方がいいもの

SUMIKAでは、あまり物品は売っていない!

SUMIKAはレンタルサービスは充実しています。
ただし、売っている物品は非常に限られています。
食材や消耗品はもちろん、
軍手や虫除けなどは自分で持って行きましょう!

なお、炭や薪は販売しています。
Craft GrillというダンボールでBBQができるセットも売っていました。1500円でした。

私が行った時は、受付でコロナビールも冷やして売ってましたのでつい購入してしまいました!!

また、受付も18時には閉まってしまうので、必要なものは早めに購入しておきましょう!

SUMIKA 売店

 

SUMIKAの炊事場はきれい!シャワーも無料で使える!

SUMIKAキャンプサイトはシャワーも無料で使えるので良いです。
トイレもコンテナではなく、建てつけなので、比較的きれいです。
石鹸やシャンプーは自分で持って行きましょう。

室内に炊事場が用意されています。
室内にあるので、とってもきれいです。

SUMIKA 炊事場

 

SUMIKAキャンプサイトの地図

SUMIKAのキャンプサイトの周りは、広大なグラウンドが広がっています。
そのため、少年サッカーチームなどが練習をしているような感じです。

正直、ちょっとこの配置のイメージは、大自然に囲まれたキャンプだー!とは言えない部分があります。。。

SUMIKA MAP

SUMIKAのキャンプの他メニュー

なお、これ以外にもSUMIKAでは手ぶらでキャンプができます。

Snow Peakキャンプセット:48,600円〜

Snow Peakのキャンプ道具全部セットという感じです。
Snow Peakのキャンプ用品を実際に使って試して見たい!という方には最適!

SUMIKA Snow Peak

Ogawa グロッケのキャンプセット:18,500円〜

≪料金≫
1サイト1泊
オフシーズン /3,500円
ハイシーズン /4,000円
ピークシーズン/5,000円
*チェックアウト時間の延長をします。
チェックイン時間が13時からに
チェックアウト時間は12時までになります。

・レンタル品料金
15,000円

≪セット内容≫
・テント(ogawa グロッケ12/T/C)
・タープ(ogawa フィールドタープヘキサDX)
・テーブル(コールマン ナチュラルウッドロールテーブル/120)
・チェア×4(ogawa ハイバックチェア)
・LEDランタン×2(コールマン CPX6リバーシブルLEDランタン3)
・シュラフ×4(コールマン コージーⅡ/C5)
・マットレス×4(サーマレスト Zライト)

手ぶらキャンププラン:13,000円〜

≪料金≫
1サイト1泊
・サイト料金
オフシーズン /2,500円
通常シーズン /3,000円
ハイシーズン /3,500円
ピークシーズン/4,000円
9/1~
オフシーズン /3,500円
ハイシーズン /4,000円
ピークシーズン/5,000円
*チェックアウト時間の延長をします。
チェックイン時間が13時からに
チェックアウト時間は12時までになります。

・レンタル品料金
10,000円

≪セット内容≫
・テント(コールマン タフドーム3025)
・テントマット(コールマン タフドーム3025用インナーシート)
・タープ(コールマン XPヘキサタープ)
・テーブル(コールマン ナチュラルモザイクTMリビングテーブル/120プラス)
・チェア×4(コールマン リゾートチェア)
・LEDランタン(コールマン 2マルチパネルランタン)
・シュラフ×4(コールマン コージーⅡ/C10)
・マットレス×4(サーマレスト Zライト)

SUMIKAキャンプ場の近くの遊び場

SUMIKA 本栖湖 遊び場

SUMIKAのキャンプ場は、地図にあるように本栖湖に近いです。

ただし、目の前ではなく、歩くとそこそこ距離があります。。
キャンプサイトから歩くのではなく、車でキャンプサイト内を移動し、

そうそう、本栖湖で泳ぎたい!という方は水着を忘れずに!!
浮き輪やサンダル、敷物などもあった方がいいですね!

こんな感じでカヌーをやっている人もいました。
犬が乗っててすごい。。

SUMIKA 本栖湖

食材の購入場所:おすすめスーパーマーケット

前回の無印キャンプサイトでも、食材を購入するスーパーマーケットは結構肝になるという記事を書きました。

みんなとキャンプに行くなら、やっぱりスーパーマーケットで何を作る?何を焼く?といった事を話しながら楽しむのがキャンプの醍醐味の一つです。

今回寄ったのは、こちらOGINOというスーパーマーケット

スーパーマーケット OGINO

場所は、実はSUMIKAのキャンプサイトから近いわけではありません。。

本栖湖の近くはあまりスパーマーケットがなかったのもありますが、

実はSUMIKAに行く前に花の都公園 清流の里というところに立ち寄りました。
こちらもオススメですが、その近くにあるスーパーマーケットをチョイスしました。

このスーパーマーケットもキャンパーたちの行きつけになっていて、
BBQ食材が充実しています!

富士山 スーパーマーケット

 

SUMIKAのキャンプサイトを使ってみた感想(口コミ)

SUMIKA キャンプサイト

常設テントはやっぱりいい!

テントを張る必要はないのがまず一番。
そして、テント内がとても広いです。
AIRベッドで寝袋で寝るよりもホテルに近かったです。

比較的清潔なキャンプ場

トイレもきれいですし、炊事場もきれいでした。
虫もあまりいなかったです。
他の人のマナーもいいなと思いました。

それほど、おしゃれではない。

いろいろ調べて行きました。
このブログのトップの写真を見ると、おしゃれだーーと思われると思いますが、
実際に行ってみると、そこまでではないかなと思います。
それほど、期待せずに行くと、いいなー!って思うと思いますが。。
コスパは良いと思います。

近くの遊べる場所は限られる

地図で見ると本栖湖のほとりですが、書いたようにちょっと歩いていくには遠すぎます。
目の前がグラウンドで、そのグラウンドは使えません。
ちょっとした広場でバトミントンやフリスビーなどはできます。
あとは、森の中を子供と虫を取る。などの遊びはたくさんできそうです。