インプラント歯科治療 体験記 -インプラント手術を決断する 編

インプラント歯科治療日記 決断編

こんにちは、kurokoです。
このブログでは、インプラント歯科手術の体験を時系列で記事にしています。

前回、深刻な虫歯ができてしまい、歯科医より、選択肢を三つ提示されました。

1.抜歯してそのまま
2.ブリッジ対応
3.インプラントで歯を再生

抜歯してそのままの選択肢はありませんでしたが、悩みに悩みました。
というのもインプラントは非常に高額なのです。
歯科医からは50万程度は要するといわれていました。

詳しくは、前回の記事を参照>>>「深刻な虫歯になる 編

 

今回の体験記では、以下の内容について記事にしました。

インプラント歯科手術とはどのような治療であるのか?
危険なことがあるのか?
歯医者をどのように選べば良いのか?

インプラント歯科手術 体験記の全体はこちらです。
気になる記事は飛ばして読んでいただければと思います。

Epsode1
  • 取り返しのつかない虫歯ができてしまう
  • 歯医者からの宣告
  • 深刻な虫歯の対策は3つ

>>>「深刻な虫歯になる 編

Epsode2

今回の記事はここ!

  • インプラント歯科治療とはどんな治療か?
  • 手術をしてもらう医者の選び方
Epsode3
  • 虫歯の歯を抜歯する
  • CTスキャンをとって状況確認
  • 手術の同意書にサイン

>>>「インプラント手術前準備編

Epsode4

いよいよインプラントの手術です!ドキドキ!

  • 手術前日
  • 手術開始
  • まずは口内洗浄
  • 手術完了後
  • 手術の値段は?

>>>「インプラント一次手術 編

Epsode5

インプラント二次手術は本歯を入れていく工程です。手術といっても簡単です。

  • インプラント二次手術
  • インプラントの歯が入る

>>>「インプラント二次手術編

Epsode6

あれから、10年。とっても順調に使っていましたが、ついにインプラントの歯が欠ける事態が発生!!どうする?

  • 歯医者での治療の指針
  • インプラントの歯を入れ替える為の費用

>>>「インプラントで入れた歯が欠けてしまう!対応方法は?金額は?私の体験を公開

 

それでは、インプラント手術に決める 編をどうぞ。

そもそもインプラント歯科手術とはどのような治療なのか?

Googleで「インプラント」と調べれば結果は山ほど出てきます。
歯医者としても儲かる商売なのかもしれません。
そうなると、やはりちゃんと調べないとなりません。

インプラント歯科手術は治療方法としてはベスト

インプラント歯科手術とは、顎(あご)に棒状の金属を埋め込み、
その先に人工の歯を付けて固定する技術のことです。

インプラントのメリットは、顎の骨に固定されるので、噛む力も強く、入れ歯などのようにメンテナンスに手間もかからないことです。

「入れ歯」にした場合は、毎日のメンテナンスがかかり、噛む力も実際の歯と比べると格段に低くなります。

「ブリッジ治療」にした場合は、前後の健康な歯を銀歯にする必要があり、もったいないので、

こう考えると、インプラント手術が良いという消去方になるようです。

 

しかし、インプラント手術は健康保険が使えません。ですので治療費が非常に高額になります。
前回の記事で、歯医者から総額50万円程度とのことでしたが、ネットの記事では20万円程度のものもありました。

また、インプラント手術は、技術自体に問題はないのでしょうか?
失敗する可能性は無いのでしょうか?
この先老いていく過程で、大きな問題となるような事はないのでしょうか?

現代のインプラント歯科手術は実績も多く、すでに技術的には確立されているが個体差あり

現代インプラント施術は、どのインプラントシステムを使っても大変優れており、
成功率は非常に高いので、安心して治療を受けることができるようです。

ほんの20年程前までは、インプラント学会などでは、インプラントの予知性(長持ちについて)やインプラントの咬合力(咬む力)などが話題になっていましたが、今はもうすでにインプラントが長持ちすることや強くかめることなどはあたりまえであり、その是非を問う時代は終わったと言えます。

とのこと。なるほど、技術としてはそれなりに確立されているようです。

しかし、まだまだ問題はあるようで、

  • インプラントする部分によっては、技術力が必要
  • インプラントを入れた後の回復時間
  • 美しくインプラントを入れるには個体差があり技術が必要

などなど、研究されているようです。

個体差があるようですが、若いほうが回復能力が高く、成功率や、回復する時間も高いという事です。
また、顎の骨の大きさにもよるようです。

また、現状の技術の動向もありますが、歯科医の技術力にも差があるようで、実績があり良く知っている歯科医に見てもらうのが良いようです。
でも、いったい良い歯科医と悪い歯科医を見分けるのはどのようにすれば良いのでしょうか。。。

インプラント施術をしてもらう歯科医の選択方法

インプラント器具を使い回ししている事件あり

色々調べると、過去、ある歯科医院にてインプラントの使い回し問題が発生していることもあったようです。

愛知県の豊橋市歯科医師会は19日、厚生労働省内で記者会見し、同市内の歯科医院がインプラント(人工歯根)治療で、一度使用した後に抜けるなどして回収したインプラントを、別人に再使用している疑いがあると発表した。

出典:https://allabout.co.jp/gm/gc/301758/

正直、インプラントの使いまわしといわれてもどういう事なのかはよくわかりません。。。
インプラントって、使い終わる。ってほとんど無いような気がするので。。
顎の骨に埋め込んで、それをそのまま一生使い続けるもののはずなのに。。

取り外したものを、他の人に入れるということなんでしょうか?

色々調査してみると、
何らかの理由で外れてしまったインプラントを再利用していたのではないかとのこと。。

どこの歯科医院が良いのか的確に判断しないとならないなと感じました。

信頼できる歯医者をどのように選ぶか

以下のようなことを検討した方が良いようです。

  • 信頼できる歯科医なのか
  • インプラント施術の実績はどの程度あるのか
  • 不当に安すぎないか。極端に高すぎないか
  • 実際にやった方の意見など聞けるか
  • セカンドオピニオンなど活用できるか

私の場合は、担当していただいている歯科医が大学の教授であった事、
加えて、セカンドオピニオンという事で、関係の無い歯科医に見てもらうことにしました。

その結果、やはり診察結果は同様でした。
ただ、インプラント歯科治療の治療費は、結構様々あるとの事でした。
確かにインターネットで検索しても50万もかからずに実施できるところはいくつもありました。

そこでその結果を歯医者に持って行って聞いたところ、
まず、インプラントの全体の費用を言っていないという点、
本体の料金で手術料は別途必要となったり、手術に到るまでの治療費が含まれていないなどがある点

また、それでも全体の費用は、安い部分があるとの事。
そこを選択いただいても構わないとの事。

あとの違いは信頼しかないという事でした。

 

最終的な決断は、そこまで話していただいた歯科医にお願いすることにしました。

 

是非、迷ったら歯科医にそのまま相談してみるのがいいと思います。
よほどお金が余っていない限り、かなりの高額な治療となります。
それは歯医者様もわかっていますので、素直に不安を相談するのが良いと思います。

 

次回、「インプラント手術前準備編」に続きます。

コメントを残す