GoPro(ゴープロ)レンタル業社比較。15社比較し格安業者はこれだ!

GoPro レンタル 比較

旅行に行く際、特に海などに行く際に、美しい写真や動画を撮りたいですよね。

最近はスマホのスペックが上がってきていますが、海の中や移動などに耐えるのはやっぱりGoPro。
その人気は根強いです。

一方で、GoProを普通に購入すると、5万円近い。。アクセサリーを含めるといいお値段になってきます。
年に数回のために、GoProを買うのはちょっと気がひけますよね。。

そんな時は、レンタルという手段があります。
最近はレンタル業社がたくさん出てきています。
どこからレンタルするのが一番良いのか、わからない。調べるのが大変。。。

私もそうでした。。ハワイに行く際にGoProをレンタルしようと、
レンタル業社を調べた際に思ったこと。

比較サイトはいっぱいあるのだが、どこも1位が違う。。

レンタルの前提が色々あって値段がよくわからない。。

とにかく分かり難かったのです。結局自分で直接調べる羽目になりました。。

その経験を踏まえて、今回GoProのレンタルをしている国内事業者14社を徹底的に調べました。

結果は少し意外なものでしたが、、GoProを借りようと考えている方なら、きっと読んで損はないと思います。

この記事は以下のようなことを記載します

GoProをレンタルするならどこの業者が良いか決められる。

それではみていきましょう。

調査したGoProレンタル業者15社

今回調べたのは15社にのぼります。
まずはその一覧を記載します。

  1. Rentry( 公式サイト
  2. Rentio(公式サイト
  3. ReRe(公式サイト
  4. モノカリ(公式サイト
  5. enColors(公式サイト
  6. ビデオエイペックス(公式サイト
  7. ニーノ(公式サイト
  8. いい旅日記(公式サイト
  9. KARICO(公式サイト
  10. DMMなんでもレンタル(公式サイト
  11. 楽天レンタル(公式サイト
  12. ACE Rental(公式サイト
  13. Crearc Rental(公式サイト
  14. 東京カメラ機材センター(公式サイト
  15. 東京オフラインセンター(公式サイト

大量ですね。

「Gopro」、「レンタル」、「比較」で出てくる「比較してみた」的なサイトを参照したものは、網羅しています。

ちなみに、それらのサイトで上位に入るのが、
Rentry、Rentio、モノカリ、ニーノでした。

しかし、ちゃんと調べてみると意外と上記、正しくないことがわかってきました。

ニーノ–> Sold outばっかりで実質借りれない状態

モノカリ–>とある比較サイトで1位だが、対象が少ない

Retry–> 確かに品質やサービスは良さそうだが、同じものを借りる上では他の業者の方が安いケース多々あり。

Rentio–> ここは確かにとても良い。でも場合によっては別の業者が良い。

このような感じです。
それでは、業者を選ぶ上で重要なポイントから解説します。

GoProレンタル業者を選ぶ際に重要な点(比較する視点)

Go Pro rental

次に比較ですが、15社もあるので、表にすると膨大になりますが、、
どこからレンタルするかを考える際に重要な視点をあげます。

  • レンタル料金
    これが最も大切です。なるべく安く借りたいですね。
  • 関連料金(送料、保証料、ポイント制度、延長料)
    単にレンタル料金だけで決めるのは危険です。何かあった時には最低限の保証があるべき。全く用意されていない業者さんもあるので注意!
  • レンタル期間
    別々のレンタル期間で料金を比較しても意味ありませんよね。。ちゃんと揃えて比較しましょうということですが、業者さんのホームページに掲載されている金額がレンタル期間がバラバラなのでわかりにくい。。このサイトではそこも加味して比較しています。
  • GoProの対象機種
    こちらも料金が分かれるポイントです。
    当然最新機種は高く、昔の機種は安いのですが、どの機種を選ぶのが良いのか?ということですね。こちらについては後述します。
  • もしもの際の保証制度
    過度に保証を厚くする必要はないですが、もしも何かあった時にちゃんと大丈夫なのかという観点
  • 利用しやすさ、サイトの設計
    ユーザエクスペリエンスをどのように考慮しているか。予約が面倒とか、サイトがわかりにくいなども含めてチェックしました。
  • 各社の特徴
    横並びで切り出すには難しいですが、各社の特徴を踏まえています。

 

まずは結論から:GoProレンタル業者15社を比較の結果

以上の観点で、15社を比較しました。

まずは結論をオススメのレンタル業社から発表しますね。

結論としては、
オススメは、RentioでHERO6のアクセサリーセットを借りるのがベストです!

 

Rentio(レンティオ)サイトはこちらから。

 

条件とどのレンタル業者が最適かもまとめました!
こちらで一目瞭然です。

GoPro レンタル業者選定ルート

GoPro レンタル業者選定ルート

ただ、さすがに、これだけだと、なぜそうなったのかは、よくわからないので、解説していきますね。

オススメの業社は以下の条件によります。

  • 3泊4日以上レンタルするか、それ未満か
    (多くの業者が最低3泊4日以上を設定しています。また郵送になるので、1日レンタルなどは極めて難しいです)
  • レンタルの内容は、GoPro単独か、アクセサリーなど含めセットにするか。
  • レンタル対象機種を何にするか。

それでは、レンタル業者を決める要素を見ていきましょう。

GoProにアクセサリー(付属品)は必要?

Go Pro rental

GoProのレンタル業者を選ぶときに次に出てくる壁は、
アクセサリーをつけるべきか、不要かという問題です。

結論から言うと、ある程度付属品はつけたほうがいいです。

どのような付属品が必要になるでしょうか?

  • SDカード
    –>これは絶対に必要ですが、容量がどのくらいか。。64GBあると良さそうです。
    (レンタル業者によって、32GBか64GBが付属するケースがありますので要チェックポイント)
  • カメラアーム(三脚・自撮り棒的なアタッチメント)
    –>これも、9割型あったほうがいいです。撮影がかなり楽になるので。
  • 防水ハウジング
    –>これはかなり水の中の深いところに潜らない限りは不要です。スキューバやシュノーケルの際はつけておきましょう!
  • 追加バッテリー
    残念ながら、バッテリーの持ちがイマイチなのがGoProの特徴。追加のバッテリーもつけておくといざという時に電池切れという取り返しのつかない状況を回避できます。
  • 身に着けるためのアタッチメント
    –>スキー、スノーボードで滑ったり、アドベンチャーを体験するといった場合には、専用のアタッチメントをつけた方がいいです。それ以外では、カメラアームで十分

レンタル料金にこのようなアクセサリー、アタッチメントが付属するかも評価のポイントになります。

 

GoProの機種はどれが良いか?

2019年9月現在の最新機種はHERO7です。
レンタル業者には、HERO6とHERO5を置いている業者さんもいます。

機能の差は以下の通りです。

実は、もうそんなに機能さはないんですよね。。
個人的には、HERO6、むしろHERO5でも十分じゃないかなと思います。

HERO5 HERO6 HERO7
写真画素 1200万画素 1200万画素 1200万画素
連写 有り 有り 有り
手ぶれ補正 有り アドバンス Hyper Smooth
写真タイマー 無し 無し 有り
動画 4K/30FPS 4K/60FPS 4K/60FPS
タイムラプス 有り 有り 有り
タイムワープ 無し 無し 有り
音声 ステレオ ステレオ トリプル

 

15社の料金体系はどうなっているのか?

GoPro レンタル

ここまでで、選びたいのはカメラ単品なのか、セットなのか。
機種はどれが良いのか。
なんとなくどれがいいか決まってきたでしょうか?

それでも値段がわからないと決めようがない。ですよね。
金額を見ていきましょう。

レンタル期間が3泊4日以上の場合

機種セットで借りたい方向けの最安値価格業社

セット内容は、1.SDカード64MB、2.カメラアーム、3.防水ハウジング、4.追加バッテリー

HERO7のセット

 

KARICOが、3泊4日:8,980円/1日延長あたり800円で最安値
※2週間以上レンタルする場合は、Rentioの方が安いです(KARICO:17,780円に対してRentio:17,680円になります)

 

KARICOのサイトに行く

オススメ!

HERO6のセット

 

Rentioが、3泊4日:6,980円/1日延長あたり500円で最安値

 

Rentioのサイトに行く

HERO5のセット

 

KARICOが、3泊4日:5,780円/1日延長あたり400円で最安値
※6泊7日以上レンタルする場合は、Rentioの方が安いです(KARICO:7280円に対してRentio:7,180円になります)

 

5泊6日以内:KARICOのサイトに行く
6泊7日以上:Rentioのサイトに行く

金額を見ていただければわかりますが、
HERO7のセットとHERO6のセットでは、3泊4日で2,000円の差が出ています。。

HERO7は確かに新しいのですが、金額差を踏まえると、HERO6のセットで十分であると考えました。
よってベストはRentioからHERO6セットのレンタルとさせていただきました。

ここでちょっと参考!

上記は、ごく基本的なセットとなります。
頭につけたり、自転車につけるなどの撮影をしたい場合、
セットが豊富なのはRentryでした。

オススメ!

Rentryでは以下のようなセットが用意されています。

  • スキー・スノーボードセット(13,800円)
  • 水中撮影セット(11,800円)
  • 自転車・バイクセット(11,800円)
  • 星空撮影セット(11,800円)
  • スタビライザーセット(15,800円)

Rentryのサイトはこちらから。

 

機種単独で借りたい方向けの最安値業者

こちらは、参考までですが、機種単独の場合です。
上述の通り、GoProはアクセサリーが無いと活用価値が十分では無いと筆者は主観的に感じていますので、あまりオススメしていません。

金額は3泊4日になります。

HERO7単独

 

楽天レンタルが、7400円 + 楽天ポイント1%以上還元で最安値
※さらに楽天ポイントがたまります

 

楽天レンタルのサイトに行く

HERO6単独

 

HERO6も楽天レンタルが、5,700円 + 楽天ポイント1%以上還元で最安値
※さらに楽天ポイントがたまります

 

楽天レンタルのサイトに行く

HERO5単独

 

KARICOが、3,780円/1日延長あたり500円で最安値
※10日以上レンタルする場合は、Rentioの方が安いです(10日目でKARICO:7,280円に対してRentio:7,080円になります)

 

9泊10日以内:KARICOのサイトに行く
10泊11日以上:Rentioのサイトに行く

以上が3泊4日以上の場合です。

 

レンタル期間が3泊4日未満の場合

3泊4日未満の場合、短い日程で貸してくれる業者さんは少なくなります

最低貸出期間の一覧と、1泊2日、2泊3日の金額を記載します
なお金額はHERO6で用意しました

最低貸出期間 0泊1日 1泊2日 2泊3日
1. Rentry 3泊4日から
2. Rentio 3泊4日から
3. ReRe 3泊4日から
4. モノカリ 3泊4日から
5. enColors 2泊3日から 6,600円
6. ビデオエイペックス 1泊2日から 4,200円 5,880円
7. ニーノ 3泊4日から
8. いい旅日記 7泊8日から
9. KARICO 3泊4日から
10. DMMなんでもレンタル(※1) 5泊6日から
11. 楽天レンタル 1泊2日から 8,560円 なし
12. ACE Rental 0泊1日から 3,500円 7,000円 10,500円
13. Crearc Rental 0泊1日から 2,300円 4,600円 6,900円
14. 東京カメラ 0泊1日から 2,500円 5,000円 7,500円
15. 東京オフライン 1泊2日から 2,900円 5,800円 8,700円

 

上記の通り、2泊3日借りるなら、3泊4日で楽天レンタルを借りた方が安いという結果になりました。
1泊2日では、Crearc Rentalが最安値、
2泊3日では、ビデオエイペックスが最安値です。

しかし、追加で、返却がどのようにする必要があるかを確認しましょうを確認した方が良いです。

最低貸出期間 0泊1日 1泊2日 返却の考え方
6. ビデオエイペックス 1泊2日 4,200円 最終日の翌日までに届けばOK
11. 楽天レンタル 1泊2日 8,560円 最終日の最終集荷時間までに発送
12. ACE Rental 0泊1日 3,500円 7,000円 レンタル最終日発送で翌日までに到着
13. Crearc Rental 0泊1日 2,300円 4,600円 最終日の17時まで
14. 東京カメラ 0泊1日 2,500円 5,000円 最終日の指定時間まで
15. 東京オフライン 0泊1日 2,900円 5,800円 都内なら直接お届け。配送時間は含まれない

上記踏まえて改めて考えてみます。

1日のレンタルでは、使う時間がかなり重要です。
当日の17時までに返却するのは極めて難しい気がします。
一番良心的なのは、東京オフラインではないでしょうか。配送時間は含まないという事なので。

1泊2日の場合は、ビデオエイペックスがベストです。

 

GoProレンタル業者15社の詳細比較

GoPro レンタル

エビデンスとして、詳細の比較結果を記載しておきます。

GoProとアクセサリーセットでの利用料金一覧

3泊4日を基準として金額を設定しています。
セット内容は、1.SDカード64MB、2.カメラアーム、3.防水ハウジング、4.追加バッテリー としています。
セットがないものはなしとしています。

HERO 5セット HERO 6セット HERO 7セット
1. Rentry なし 11,800円 12,880円
2. Rentio 5,980円 6,980円 9,980円
3. ReRe 7,680円 なし 12,480円
4. モノカリ 5,980円 7,880円 9,980円
5. enColors 6,800円 7,400円 10,200円
6. ビデオエイペックス なし なし なし
7. ニーノ なし なし なし
8. いい旅日記 なし なし なし
9. KARICO 5,780円 7,980円 8,980円
10. DMMなんでもレンタル(※1) なし なし なし
11. 楽天レンタル なし なし なし
12. ACE Rental なし なし なし
13. Crearc Rental なし なし なし
14. 東京カメラ なし なし なし
15. 東京オフライン なし なし なし

※1 DMMなんでもレンタルのみ4泊5日からのレンタルとなるため、4泊5日分の料金を記載しております。

 

GoPro単体での利用料金一覧

3泊4日を基準として金額を設定しています。

HERO 5単体 HERO 6単体 HERO 7単体
1. Rentry 6,980円 8,640円 9,980円
2. Rentio 4,980円 5,980円 8,980円
3. ReRe 5,980円 8,980円 なし
4. モノカリ 5,130円 6,980円 9,980円
5. enColors 5,800円 7,400円 9,400円
6. ビデオエイペックス 6,080円 6,720円 8,320円
7. ニーノ 5,480円 6,480円 なし
8. いい旅日記 4,980円 なし 7,980円
9. KARICO 3,780円 6,980円 7,980円
10. DMMなんでもレンタル(※1) 5,450円 6,980円 8,450円
11. 楽天レンタル 5,292円 5,700円 7,400円
12. ACE Rental 7,000円 10,500円 12,000円
13. Crearc Rental なし 9,200円 12,000円
14. 東京カメラ 8,000円 10,000円 10,400円
15. 東京オフライン 11,600円 11,600円 11,600円

※1 DMMなんでもレンタルのみ4泊5日からのレンタルとなるため、4泊5日分の料金を記載しております。

 

以上、GoProレンタル業者の分析でした。
レンタルする際の参考になりましたら嬉しいです。