⚠️記事の内容に広告を含んでおります

【高松旅行記】香川県高松に一泊二日 ソロ旅 建築とさぬきうどんの旅

やしまーるからの景色

こんにちは、ソロ旅大好きkurokoです。

余ったマイルで旅行に行こうシリーズ 今回は香川県は高松市に一人旅行ってきましたので、ご紹介したいと思います。

ソロで旅しようシリーズ 今回は、香川県は高松に一人旅行ってきました!! 今回のソロ旅の目的はズバリ「イサム・ノグチ庭園美術館」に行くこと。 かれこれもう20年前から行きたかったのですが、 行くのに事前に往復ハガキでの予約が必要だったり、長い連休は閉まっていたりと、なかなかタイミングが合わなかったもので。。

今回、あまりのマイルで高松に予約。もうキャンセルもできないので、イサム・ノグチ庭園美術館もバッチリ予約しました!

また、建築好きが香川県に行くなら、丹下健三建築です。香川県庁舎に、すでに廃墟となってしまっている旧香川県立体育館(通称:船の体育館)と見所も満載!

そして香川県といえば、さぬきうどんです。
さぬきうどん、食べまくりました!!

それでは、深掘りしていきましょう!

 

 

高松 建築とさぬきうどんの旅のルート ハイライト

今回の旅行、ざっくりいうとこんな感じです。

さぬきうどん①
大木戸

今回も羽田から高松へ。

そして、昼からうどんです!
事前に調べていた地元の方に人気の「大木戸」さんへ

観光
イサム・ノグチ庭園美術館

今回の旅の目的 イサム・ノグチ庭園美術館
こちらは撮影禁止なので、、写真はかなり限定的なのですが。。

控えめに言って最高でした。

さぬきうどん②
瀬戸晴れ

本日2回目のおうどん 瀬戸晴れ
調べに調べて、昼間は大行列ができる店のようです。
ですので、時間をずらして15時ごろ行きました!

ホテル
オールインクルーシブのチェルシーブレス

今回宿泊したのはチェルシーホテル
少し外観はバブル期の建物?という感じですが、
内装はリノベされていてとっても綺麗!
ラウンジで飲み放題だったり、温泉の前に無料のアイスやビールが用意されていたり、食事は会席料理だったり

大正解!でした。

チェルシーホテル 【宿泊記】香川県高松市 オールインクルーシブのホテル「ザ・チェルシー・ブレス」に宿泊!

建築
香川県庁舎 丹下健三設計

高松といえば丹下健三氏の香川県庁舎です!!

隣に新しい庁舎ができていますが、しっかりと保存され今でも使われています。
なんていうか、古いんですけど、そして初めて見るんですが、なんとも懐かしい感じ。
とってもいいです。ほっこりする。

香川県庁舎 丹下健三 香川県 高松市の丹下健三建築「香川県庁舎東館」

さぬきうどん③
森製麺所

二日目もさぬきうどん食べます!!!
(ホテルの朝食が結構ボリューミーだったのでなかなかお腹も空かず。。)

3軒目は高松市内にある森製麺。

 

観光・建築
やしまーる

やしまーるはその名の通り屋島にある展望台であり、イベントスペースでもあり、観光場所でもあり、カフェでもある
とてもスタイリッシュな建物です。

ここは建築好きのみならず、普通に綺麗な景色を見に行くのにとーってもおすすめです!

やしまーる 香川県 屋島の頂上にある建築「やしまーる」

建築
船の体育館(旧香川県体育館) 丹下健三設計

香川県庁舎ともう一つの丹下健三建築 「船の体育館」も見てきました。
あの代々木体育館を彷彿とさせるデザイン。

ただ、この体育館、昭和39年に作られたのですが、劣化が激しく現在は利用中止中。ちょっとした廃墟になっています。

何年か前に再建の公募などもしたようですが、なかなか経済的にも成り立つ形での良いアイディアは出なかったようです。
丹下健三の素晴らしい建築でも経済性含めてなかなか難しいとは、大規模な公共建築の運営の難しさは明らかですな。

船の体育館 丹下健三設計 代々木体育館を彷彿とさせる建築家丹下健三設計の旧香川県立体育館(通称:船の体育館)

さぬきうどん④
高松空港でおうどん

最後は高松空港でもおうどんをいただきました!!

 

 

なお、今回もお供してくれるのはTuplusのスーツケース。 被らないのと、デザインがいいのと、前面がパカっと開くのでとっても使いやすくおすすめです!

詳しいレビューはこちら

tuplus めちゃクールなスーツケース。Tuplusを買ってみた!(口コミ・レビュー)  

 

 

さてさて、大変盛りだくさんですが、ダイジェストスタートです。

 

 

まずはうどん! さぬきうどん① 大木屋

香川といえばさぬきうどんです。

有名店舗はたくさんあるのですが、今日はメインイベントのイサム・ノグチ庭園美術館の観覧が時間指定で決まっているので、下手に人気店で混雑してはたまりません。

ということで、地元の人に愛されて混まないお店をまずは選びました。
そしてイサム・ノグチ庭園美術館に近いところ。

大木屋さんです。

おうどん 大木戸

12時過ぎでしたがとりあえず混んでない!!よかったーー

入るとセルフサービス的な感じです。香川県ではこのタイプが多いみたいです。

おうどん 大木戸

おでんもあるし、揚げ物も豊富!
そそられますが、
今日はたくさんうどんを食べたいので、うどんにフォーカスします。

頼んだのは素うどん。
やっぱり、通はまずは素うどんで出汁と麺を楽しむでしょ!
(と、エセ通ぶったわけであります)

おうどん 大木戸

いやーでも、これほんと十分というか、最高に美味しいです。

そして280円です。
このインフレの中、280円!!!
激安です。

香川県以外にも福岡にもあるようですね。
店舗のサイトはこちらから。

 

美味しいさぬきうどんを食べたい方はこちらがおすすめ

created by Rinker
セーラー広告
¥2,720 (2024/05/18 12:59:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

イサム・ノグチ庭園美術館

今回の旅のメインイベント!
何ヶ月も前に予約を取って楽しみにしていたやつです。

ただし、中の写真撮影は一切NGのため、、画像で紹介ができません。。。

 

イサム・ノグチ庭園美術館は完全予約制で、当日行っても入れません。
しかも時間指定。

予約は電子メールでできます。こちらから。

遅れられない。ということで30分前に到着。
下の写真のような待合場所があります。
ここではビデオ上映とお土産やイサム・ノグチの本の購入ができます。

イサム・ノグチ庭園美術館

 

時間になるとガイドさんが声をかけてくれてツアーが始まります。
鑑賞場所は大きく二箇所に分かれ、最初にガイドさんが説明をしてくれて、それぞれ20分〜30分自由に鑑賞する形でした。

↓の奥にイサム・ノグチの彫刻が並んでいます。

イサム・ノグチ庭園美術館

平日に訪れましたが、思ったより人数がいました。
そして外国人が多い!
さすが、ニューヨークを活動拠点にしていただけあって、海外からの認知度がかなり高いようです。

私の組では全体で30~40人くらい。二つに分かれて15名〜20名くらいで回りました。

 

写真は少ないですが、どんなツアーなのかは別エントリーで紹介します。

 

本日2杯目のさぬきうどん② 瀬戸晴れ

さて、メインイベントが終わったらサブイベントです。

さぬきうどんです。

おうどん 瀬戸晴れ

一杯目は素うどんでしたので、ちゃんとお腹を残してあります!
今日は残りはホテルに行く予定なので、並んでも大丈夫なので行列のできる人気店を選びます!

「瀬戸晴れ」

昼は待つ時は1時間にもなるそうです。

私がついたのはもう14時台。
行列はなかったですが、店内には結構人がいました。

 

先に席に座って、オーダーをとりにきてくれます。
このスタイル、私は普通ですが、香川のさぬきうどんでは珍しいスタイルらしいです!
口コミにこのスタイルだとそりゃ混むよ といった投稿も。
なるほどそういう考え方もあるのね。。

空いていたのはいいですが、売り切れメニューがちらほら。。
ハモ天を食べたかったのですが、、売り切れでした。。
どうしても食べたいメニューがあるなら、並んで食べるしかなさそうですね。^^;

 

頼んだのはたぬきうどんと、かき揚げ

おうどん 瀬戸晴れ

これがたぬきうどんです。
私の常識の範囲では、たぬきうどんというと、天かすだけが入っているうどんなんですが、、色々入ってる!
(メニューにちゃんと書いてあるのでサプライズではないです。。)

 

そしてこれがかき揚げ。
タコの仕入れが厳しい時で、タコの代わりに貝柱になっていました。(瀬戸内海のタコ、食べてみたかったなぁ)

おうどん 瀬戸晴れ

 

味はというと、
もちろん美味しいです!

美味しんですが、、これ何十分も並ぶかというと、、ちょっとそこまでではないかも。(すみません。。)

一つ目の大木屋さんも美味しかったので、私は並ばないなら大木屋さんでいい。いや大木屋さんがいい!

でも瀬戸の晴れさんはおしゃれな内装で、おもてなしもちゃんとしてくれて好きです。

 

さてさて、お腹もいっぱいになりましたので、今日はホテルでゆっくり休みます。
今回のホテルもいい感じのはずなんです。

宿泊はチェルシーブレス オールインクルーシブで贅沢に!

宿泊したのは、チェルシーブレス

高松中心地と高松空港の中間といったところでしょうか。
高台にあり、景色が最高です。

外観は少し古いのですが、内装はリノベされていてとーっても綺麗で満足です。

チェルシーホテル

この写真はラウンジです。

このホテル、オールインクルーシブでラウンジや温泉出た後にアルコール含め飲み物が無料で飲めてしまうのです。
先日泊まった宮崎のガーデンテラスもそうでしたが、最近このスタイル多いですね〜

ガーデンテラス宮崎 【宿泊記】宮崎県 隈研吾設計したホテル「ガーデンテラス宮崎」に宿泊!

 

今回の宿も一休経由で取りました。

一休.com経由で予約すると最安値で変わらず、ポイントが貯まります!
また時々一休.com専用の特典もついてくるので、チェックを!

ポイントが貯まる高級旅館一休.com



しろこ

一休.comは良質のホテル・旅館だけが厳選されているから、失敗する可能性が低くて好き!

 

客室も綺麗で、
温泉も広くて清潔!
夕食はコース料理!!

これで金額が2万円をきるとは。。
正直食事は期待していませんでした。2万円台でもそれほど期待できず、2万円をきったら一切期待してはならないというのが感覚。
今まで色々宿泊してきましたが、金額の割にかなりお得なホテルです!絶対に泊まるべき。

詳しくは下のエントリー参照ください。
チェルシーホテル 【宿泊記】香川県高松市 オールインクルーシブのホテル「ザ・チェルシー・ブレス」に宿泊!

 

ちなみに朝食も良かったです。

チェルシーホテル 朝食

写真以外に、小皿を頼めて。。しかも幾つでも。。
もうお腹いっぱい。

 

さてさて、大満足のホテル宿泊しまして、二日目は建築を散策しました!

二日目は建築 丹下健三氏設計 香川県庁舎

建築好きが香川県に来たら絶対に訪れたい建築の一つが
丹下健三氏設計の香川県庁舎です。

香川県庁舎 丹下健三

丹下健三氏としては東京都庁や代々木体育館の設計者として有名ですが、
香川県庁舎は初期の設計で、日本の近代建築を代表する作品とも言われています。

 

コンクリート造りで、ル・コルビジェの影響がかなり感じますが、一方で外観のデザインは日本の伝統的な木造建築を彷彿とさせる作りです。
東京都庁も障子の格子と電子回路をモチーフにしたデザインでした。

私は都庁よりもこの香川県庁の方が好きですね〜

香川県庁舎 丹下健三

上の写真で内装がうっすら見えていますが、この中の作りもステキです

 

広角で撮ったのでちょっと歪んでいますが、60年代の懐かしいデザインとコンクリートとガラスに囲まれた空間
奥に見えるふわっと浮き立つような階段

香川県庁舎 丹下健三

近代建築のお手本のようなデザイン

20年前の大学生の時に勉強して、良いとされた建築だったからなのか、好きです。
昔はちょっと古臭いなぁと感じたものですが、年を重ねるとこういう雰囲気が落ち着くというか、懐かしいというか。

詳しくは別エントリーで。

香川県庁舎 丹下健三 香川県 高松市の丹下健三建築「香川県庁舎東館」

お昼も当然さぬきうどん③ 森製麺所

さて、香川県庁舎でゆっくりした後は、さぬきうどん第三弾です。

3杯目となると小慣れてきました。
というか、色々調べるのが面倒になってきました。
高松市内でgooglemapで検索して近場に行くことに。

森製麺という名前のうどん屋さんです。

おうどん 森製麺

のれんが素敵。
森製麺の「モ」の字をとってるんでしょうね〜

 

こちらもセルフサービスで頼んだのは素うどんとレンコンの天ぷら。

おうどん 森製麺

素うどんがうまいんだ!

レンコンは結構冷たくて、、アツアツの天ぷら好きとしてはちょっと残念。ただ安いので、仕方ない!
うどんの汁につけて食べます。

香川では天ぷらはいらないですね。うどんだけ何杯も食べるのがソロ旅としては鉄則かも。

 

絶景と有機的デザイン XX氏設計 やしまーる

さて、まだまだ建築行きます!

香川県には屋島があります。
屋島といえば、有名なのが平安時代末期、源義経が平家を追いつめる際に合戦の場となった場所でもあります。

そんな屋島の上に「やしまーる」という建築が近年建てられたそう。

これは見るしかないので行ってきました。

車で行けば簡単に頂上に着きます。
駐車場に停めて徒歩5〜10分程度でやしまーるにつきました。

施設の建物というよりは、遊歩道が有機的な形であるという感じ
街を散歩するように遊歩道の途中にカフェがあったり、小店があったり、小さいイベントができるスペースがあったりと、歩いているだけでワクワクするような作りです

やしまーる

そしてここから高松市内が眺められます。

やしまーるからの景色

屋島すごい!

海を見ていると船が渡ってきたり、橋を電車や車が走ったり、その音が、遠くから響いてくる
なんだか別の世界を天上から見ているような、そんな気分にさせてくれる。
ずっと眺めていられる!

ここはお土産屋さんやカフェも併設されていて、最高です。高松に来たらぜひ。

詳しくはこちらの記事に書きました!
やしまーる 香川県 屋島の頂上にある建築「やしまーる」

さて、ずっと眺めていられそうなんですが、
飛行機の時間もあるので、もう一つの目的を果たすべく、次に向かいます。

代々木体育館を彷彿とさせる 丹下健三氏設計 船の体育館

もう一つ丹下健三建築で見たかったのが、船の体育館

丹下健三さんがすごいなーと思ったきっかけは代々木体育館でした。
構造的にすごいと分かったのは後からで、あのデザインがとても素敵でした。誰が作ったのかわからなかったけど、いつかこんな建物を設計できたとしたらすごいなと。

その原型とも言える建物がこの香川にあるんです。
そりゃ行かないわけにはいかない。

 

それがこちら通称 船の体育館。

船の体育館 丹下健三

確かに船みたいな形してますね。
でもコンクリートとはいえ、こんなに斜めに突き出て構造的にも不思議な感じ。
代々木体育館のように釣り構造にはなっていませんが、デザインとしては通じるものがある。試行錯誤して代々木体育館にたどり着いたんでしょう。

この建物の巨大さとこの形はまさに圧巻。
ただ、今は廃墟になっていて、そのうち取り壊されてしまうかもとのこと。
残念ですね。。

こちらも写真をたくさん撮ったので別エントリーで紹介します。

船の体育館 丹下健三設計 代々木体育館を彷彿とさせる建築家丹下健三設計の旧香川県立体育館(通称:船の体育館)

 

ラストさぬきうどん④ 高松空港

さてさて、あっという間の弾丸高松ソロ旅。
そろそろ終わりに近づきます。

レンタカーを返して一路高松空港へ。

そうそう、空港の目の前に不思議な、現代の古墳のようなものがあるなぁ、なんかアート作品?ランドスケープデザイン?と思っていたら、イサム・ノグチさんの作品でした。

 

そうと知ったら撮影しないわけには行かない

何でしょう。古墳をモチーフにしたのかな。
イサム・ノグチ氏は彫刻だけではなく、
以前このブログでも紹介した北海道にモエレ沼公園という大地をデザインしてます。

これも大地のデザインのひとつなんでしょうね。

 

そんなこんなで空港での時間は過ぎていき、それでも最後に一杯さぬきうどんをいただきました。
空港だから少し高めですが、全然いい。

ラストは玉子入りで!

高松空港

卵とうどんって何でこんなに合うんですかね〜
最後も最高の一杯でした!

 

あっという間に高松ソロ旅終了です。

そして飛行機から見た高松と瀬戸内海の景色が最高でした。
高松のヘリコプターツアーとかあったら最高なんだろうなと思いながら帰宅です。

 

香川県高松市

 

香川県高松市

 

 

なお、チェルシーブレスのホテルにおいてあったものを見ましたが、ブラタモリで高松の回もあったようです。
せっかくなので、タモリさんが訪れた場所を辿ってみるのも面白いかも!!

 

高松旅行のその他の記事

【宿泊記】香川県高松市 オールインクルーシブのホテル「ザ・チェルシー・ブレス」に宿泊!
✅ 香川県 高松市の丹下健三建築「香川県庁舎東館」
✅ 香川県 屋島の頂上にある建築「やしまーる」
✅ 代々木体育館を彷彿とさせる建築家丹下健三設計の旧香川県立体育館(通称:船の体育館)

おすすめの旅行記

おすすめ! 【鹿児島旅行記】息子と父の二人旅 -受験で勉強した知識を実用に

おすすめ! 【シンガポール旅行記】家族4人でシンガポール -子供と遊び、マリーナベイのスイートでラグジュアリーに!

おすすめ! 【ベガス旅行記】グランドキャニオン、アンテロープなど4台絶景+ルート66のツアー  

 

▶️  ソロ旅の記事一覧

▶️  国内旅行の記事一覧

▶️  イサム・ノグチの記事一覧