《ソロキャン記》千葉県南房総 お台場海浜庭園 目の前が海!そして暴風でテントが大破(口コミ・レビュー)

こんにちは。神奈川のソロキャンパーのkurokoです。

7月より毎月ソロキャンプに行く!と決めまして、10月の4回目のソロキャンプは、千葉県の房総半島の最南端、館山にある「お台場海浜庭園」に行ってきました!

注:東京のお台場ではなく、千葉のお台場、「お台場海浜庭園」です

目の前に海が広がり、
富士山も眺めることができ、
夜は満天の星空が広がる。

とんでもなく良いキャンプサイトですが、事件が起こりました。。。涙。
風でテントが大破してしまいました。。詳しくお話ししたいと思います。

 

それでは本編スタートです。

お台場海浜庭園のキャンプ場はどんなところ?混み具合は?

それではお台場海浜庭園キャンプ場を深掘りしていきます。

お台場海浜庭園 キャンプ場 NEMO

お台場海浜庭園のキャンプ場は写真のように海に面したキャンプ場です。
売りはこの絶景!!最高です。

 

お台場海浜庭園はどこにあるのか?

お台場海浜庭園は南房総「最西端」にあります!
東京からは約2時間。
ただし、アクアラインは週末は大抵混みます。早めにいくか少し遅れて行くか、、時間をずらした方が良いですね。

 

お台場海浜庭園の予約・チェックイン時間、混雑状況は?

予約は電話で

お台場海浜庭園は完全予約制になっています。
Webサイトでは予約できず、、直接電話にて受けてくれます。

管理人さんはとても親切な感じでした!

予約用電話番号:0470-24-5335

➡️ お台場海浜庭園のHP

混雑状況は

私が行ったのは、10月最終週の金曜日、平日です。
後ほど写真を掲載しますがスッカスカでした。
聞くと予約は5組のみとのこと。

ただし、翌日土曜日は朝早くから(9時頃にはグループで何組も)続々とやってきていました。

チェックイン時間はWebサイトでは13:00とありますが・・

Webサイトではチェックインが13時と書かれていますが、午前中から入ることが可能なようです。
予約の際にチェックイン時間の確認があるので、その際に確認するのが良いと思います。

 

お台場海浜庭園のキャンプサイト・施設・景色は?

それではキャンプサイトや施設などについて深掘りしていきます!

 

まず、エントランスがこんな感じ。
チェーンで入り口が閉められていますが、車を止めると、写真奥の管理人棟から管理人さんがやってきて開けてくれます。

お台場海浜庭園 キャンプ場

チェックインをして、お金を払い中に入ります。
なお、貸切でお風呂を利用することができるようです。
私は入る際に予約をしました。600円で指定時間は1時間とのことです。

ちなみに事前の予約で午前中に行きます!と張り切ったものの、なんだかんだで、結局チェックインしたのは12時半でした。。

 

キャンプサイト入ってすぐのところにポツンと一軒家。
ここは元オーナーの家で、今は泊まることも可能なそうです。

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

さて、どこにサイトを構えようか。
完全にフリーでどこでもテントを張って良いそうです。

12時半でしたが、どうやら一番乗りで誰もいません!好きなところを選べそう!

 

事前の情報では風が強くて・・という投稿が多かったですが、風はそれほど気になる感じではありません。

下の写真はほぼ一番上。
大きな木があって、ここに座ったり、ちょっとものおくのには便利そうだなぁ。

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

下の写真がトップオブトップです。
奥に見えるのが貸切風呂。その奥には炊事場とトイレもあります。

ここに決めた!風もそれほどでも無い!
(という判断が後に大変なことを引き起こすことになろうとは。。あーこの瞬間に戻りたい)

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

なお地図は以下。上の写真はしたずのまさに展望台と書かれている部分です。

お台場海浜庭園

出典:odaibakaihinteien.jp

 

下の方に降りてみるとこんな感じ。
ファミキャンで子供ときたらめちゃくちゃ喜びそうです!

ただし、遊泳は禁止とのこと。入り口の説明書に明記されていました。

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

海辺からキャンプサイト方面をみるとこんな感じ。
海辺の方でもテントを張れそうなスペースは結構ありました。

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

お風呂・トイレ・炊事場は?

ちょっと写真の時間は前後しますが、設備を紹介していきます。

こちらがトイレ。比較的綺麗な感じ。新しく作ったような感じです。

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

まだ木の香りがするような綺麗なトイレです!

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

こちらがお風呂!
写真の感じより雰囲気いいです。
お風呂に入りながら、ブラインドを開けると目の前に海が見えるという!
展望風呂ですね。

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

風呂桶もちゃんとあります。
シャンプー石鹸類もありますが、タオルはもちろん無いので持参しましょう。

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

炊事場はこんな感じ。
お湯は出ません。たわしやスポンジ、洗剤はちゃんとありました!

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

お台場海浜庭園の注意事項

最後に、受付でもらった注意事項の紙を参考までに張っておきます。

お台場海浜庭園 キャンプ場 注意事項

お台場海浜庭園 キャンプ場 注意事項

 

テント設営&キャンプ飯

無謀にも?一番高い場所にテントを張ることに決めてしまった私。。

設営から写真で振り返ります。

風は意識して、いつもよりもペグダウンを多めに。
というか、ありったけのペグを使って設営しました。

お台場海浜庭園 キャンプ場

この時はまだほとんど風もなかったのですが、
(この時点ではやっぱりそこそこ風あるなと思っていましrが)

ツーポールテントの良いところは、風があっても一人で設営が極めて簡単です。
ペグダウンをしたら、ポールを上に持ち上げるだけで設営完了ですから。

 

当然いつものパッカーンスタイルも封印。
入り口は横の部分のみ。

お台場海浜庭園 キャンプ場 NEMO

 

いつものように、DoDのテキーラテーブルにフュアーオイルランタンを並べます。

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

そして、焚き火を開始。
いやぁ、今から考えると、展望台で焚き火ができるというのは、それはそれで奇跡に近い状態だったのかもとすら思います。

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

早速キャンプ飯!

本日はカニです。ズワイガニです。
ボイルされているので、ちょっと味は落ちますが、それでも海をみながら蟹を食うのは最高です!

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

なんと言っても火のつき方がいい。
風があるので、火吹き棒が一切入りません。
この時は本当にこの場所最高じゃんと思っていました。

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

蟹を食べながらはやっぱり日本酒!

今日の日本酒は、新潟の大吟醸「越後桜」約1,000円
カニに合うんです!

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

こんな感じで並べて、、悦になる!

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

日本酒飲みながらカニを食べていたら、鳥がやってきました。

お台場海浜庭園 キャンプ場

写真ではあまりうまく撮れていませんが、結構近づいてくる感じ。
何の鳥なんだろう。。

 

そして空からも。

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

あっという間に夕日です。
海に沈むのです。

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

そして夕日が沈んでいきます。

お台場海浜庭園 キャンプ場

キャンプサイトからこんな景色を見ながら、焚き火してカニ食べて、日本酒飲んで。

今までのソロキャンプでも今回は間違いなく最高!

日が沈んだのを見てお風呂に入りました。
この後、最高と思われた今回のキャンプが、一気に最低の思い出へと転がり落ちていきます。

深夜に風でテントが大破!!!

様子が変わってきたのは、お風呂を上がってから。

かなり暗くなり、少し風が出てきたので、外での焚き火は終わりにして、
テントの中でカセットコンロに切り替えました。

写真を全く撮れなかったのですが、この日の夕食はキムチ鍋。

 

食材を切り鍋を作って、食べ始めたくらいでしょうか。

風の音がすごい。

ペグが吹っ飛ぶんじゃ無いかと不安になりテントの外に出て、チェックをします。
ペグは大丈夫そう。一応なるべく深くまで打ち込んでおきます。

お台場海浜庭園 キャンプ場 NEMO

 

そのくらいの時に動画で撮っておきました。
これでもなかなかの風の音だと思います。

でもこの時はまだ動画を撮っている余裕があった。。。

これ以降写真も動画もありません。。

 

風はどんどん強くなっていきます。

時刻は21時を回りました。

今まで全くチェックしていなかったのですが、天気予報で風速の状況を確認します。
そしたら、何と千葉県に強風注意予報がついていました・・・
なんと。。天気だけでなく、風速をチェックしておくべきでした。

 

いろいろと考えました。

ここで一旦撤収するか。
しかし、ペグは飛びそうにはありません。
撤収するにしても風が強すぎて、荷物を別のところに運んで、テントを張り直すのは現実的では無いように思いました。
なんとかなるのでは無いか。と判断しました。

ただ、かなり恐怖が強いので、テント内でのコンロやランタンは一旦消し、
なるべく片付けられるものは片付けました。

テント内にいるのも怖いので、テントの外で風がおさまらないか様子を伺います。

 

そこでびっくりしたのは満天の星空。
一瞬恐怖は吹き飛び、しばし美しい空を見上げます。
雲がかかっていた空はすっかり晴れ渡り、星がとてもよく見えました。

 

その時、「バリっ」と大きな音がして、なんと一つのポールがテントの幕を突き破りテントが崩壊してしまいました。。

中でテーブルに乗せていた食器などがガラガラと崩れる音がします。

しかし、かろうじてもう一つのポールは立ったまま。
ペグダウンをしっかりしていたので一本でもバランスを保っているようです。

 

しかし、風が強すぎて、なす術がありません。

ただ、これではもうテントの中では過ごせません。
諦めて車中泊することに決めました。

もう一つのポールも横に倒して、そのまま放置。
寝袋をなんとか引っ張り出して、車内に避難しました。

 

車内は狭くてなかなか寝つけません。
びっくりしたのは、車自体が風で揺れるのです。
テントを張ったのが間違いでした。

その後もテント自体が飛ばされていないか、何度も起きました。

やっぱりツーポールテントはここには向かなかった。
もっと下の方でテントを作るべきだった。
などなど後悔の念が襲ってきます。

 

そういえば他のキャンパーは大丈夫なのだろうか?
気になって外に出てみました。

他のキャンパーはドーム型テントを張っていましたが、問題なさそうでした。

 

びっくりしたのはその後、2時過ぎくらいだったとおもます。
なんとその時間に新たにやってきたキャンパーがいました。
そして、暴風の中テントを張り出したのです。

上には上がいるものだと思いました。

ただ、翌朝みてみると、そこにはそのキャンパーがいませんでした。
何か悪い夢でもみたのかと思いましたが、別の場所で張っていました。
やっぱり、風には勝てなかったんですね。。

 

なお、NEMOのテントはこんな感じで破損していました。。

お台場海浜庭園 キャンプ場 NEMO

まだ、修理に出せていません。

どこに持って行ったら良いのかもわかっていませんが、まだ数回しか使っていないので、必ず修理して復活させるようにしたいと思います!!

 

本当は翌朝に、メスティンで炊き込みご飯を作る予定でしたが、一気にキャンセルして、朝早くから撤収です。
テント以外の破損は幸いにもなかったようです。

もうひとつ不幸中の幸いだったのは、翌朝晴天だったのと風は強かったですが、雨は一切ふらかなかったことでしょうか。

 

前日はモヤがかかって見えなかった富士山が、めちゃくちゃ綺麗に見えました。
この強風がモヤを全て飛ばしてくれたのでしょう。

お台場海浜庭園 キャンプ場

 

帰りの立ち寄りは海鮮で!

私のソロキャンプは、帰りに日帰り温泉に寄るのと、とびっきりおいしい地元のランチを食べて帰ることが、ソロキャンプの楽しみの一つになっていますが、

そんなわけで、傷心の私はこの日は、温泉は諦めました。。

ただ、昨晩から風と格闘し、朝ごはんにも有り付けなかったので、お昼はしっかりいただこうと。
道の駅ならぬ、なぎさの駅のレストランへ

どうやらここは、さかなクン監修の博物館も併設されている模様。

なぎさの駅 たてやま

 

今はそんな余裕がないので、レストランへ

頼んだのはアジのなめろう丼。

なぎさの駅 たてやま

だし汁が付いていて、半分食べたら、これをかけてお茶漬けのようにして食べることができます!

これは本当に最高。
お値段はそこそこいい値段がして、1,800円でした。

GoToキャンペーンのおかげなのか、土曜の昼間なのか、かなり混み合っていました。

 

なお、その他メニューはこんな感じ。(この写真以外にもパスタなどの洋食もありました)

なぎさの駅 たてやま

 

 

今回は散々なソロキャンプでした。。。
ただ、これに懲りずに毎月の巡業は続けていきたいと思います。

まずは壊れたテントをどうするか。。考えなければ。ですね。

 

 

私のソロキャンプ記

1回目 新戸キャンプ場でソロキャンプデビュー -キャンプ場レビュー

2回目 西丹沢マウンテンブリッジでソロキャンプ! (口コミ・レビュー)

3回目 神奈川で有名な無料の「田代運動公園横の河川敷」でソロキャンプ(口コミ・レビュー)

4回目 千葉県南房総 お台場海浜庭園 目の前が海!そして暴風でテント が大破・・(口コミ・レビュー)

 

➡️ ソロキャンプの記事一覧

 

キャンプ関連の人気記事

おすすめ! 黒坂オートキャンプ場で子供とデュオキャンプ! クワガタが取れる!! (レビュー・口コミ)

おすすめ! 決めた!ソロキャンプを始める。各種キャンプギアを揃えるの巻(商品レビュー付)

 

➡️ 「キャンプサイト」の記事一覧
➡️ 「キャンプギア」の記事一覧
➡️ 「Camp!」 の記事一覧