2021 アートフェア東京に行ってみた!(1/4)アニメ系アート作品

こんにちは。アート大好きkurokoです。

昨年はコロナで中止になってしまったアートフェア東京ですが、今年はなんとか開催されました!
私も実際に行ってきましたので4回に渡って深掘りレポートしていきたいと思います。

 

アートフェア東京2021のテーマは「by ART」
一人ひとりのいつもの生活の中に、いつもアートがある

今年のアートフェアは確かに生活に密着したような作品が多く見られたのも特徴です。

特に若手やまだ無名の方のアート作品が多く見られるのも特徴です。
そして、何より美術館展ではできない作家の作品を購入できるのも魅力の一つです。

なお、今回コロナ禍での開催ということもありオフィシャルWebサイトではバーチャルツアーでの鑑賞も可能です。操作性はなかなか難しい点もありますが、実際に現地に行かなくとも作品を鑑賞する事ができるので、もっと見たい方はアクセスしてみてください。
➡️ アートフェア東京2021

 

初回の今回は村上隆氏以来、大人気のアニメ系作品を集めて紹介します。

アートフェア東京2021シリーズの記事はこちらから。
1回目 アニメ系アート作品  ←今回の記事
2回目 彫刻・立体作品
3回目 現代有名アーティスト作品
4回目 若手アーティスト作品

早速見ていきましょう!!

 

橋爪悠也(Yuya Hashizume)

藤子不二雄氏の作品を模倣したという事で物議を醸し出した、それによりさらに有名になった感もある橋爪悠也氏の作品です。

2021アートフェア東京 橋爪悠也

 

こちらは人気の涙女子シリーズ。

2021アートフェア東京 橋爪悠也

橋爪悠也

1983年生まれ。岡山市出身
20歳から10年間、アウトドアブランドで販売、プロモーションを経験後、
2013年からイラストレータの道を歩む。
主にアニメ、漫画の影響が強く、ベタ塗りのイラストを好み、雑誌のイラスト・挿絵をメインにエディトリアルデザイン・CDジャケット・漫画など複数のメディアで活動

➡️ オフィシャルホームページ

 

限定ポスターやTシャツなどamazonや楽天でも出品されているようです。

ハシヅメユウヤ キャンパス 香港個展作品
ノーブランド品

 

花井裕介 (Yusuke Hanai)

どこか赤塚フジオ風?
ネズミっぽい感じの二人組がなんか好き。

2021アートフェア東京 Yusuke Hanai

 

ハイタッチ。
顔の人相はともかく、テンションは上がります。

2021アートフェア東京 Yusuke Hanai

 

こちらは小さい作品集を額装して並べたもの。飾るには結構いいかも。

2021アートフェア東京 Yusuke Hanai

花井裕介

1978年生まれ。
日本の美的感覚とアメリカのレトロさを融合したスタイルを形成。
アメリカ、フランス、オーストラリア、台湾、ブラジル、イギリスなど様々な国で作品を発表

➡️ オフィシャルホームページ

ベアブリックはじめTシャツやエコバックなどamazon、楽天でも出品されています。

created by Rinker
メディコム・トイ(MEDICOM TOY)
¥4,800 (2021/07/31 23:02:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

KAWS

新しい作品ではないですが、KAWSの作品も展示されていました。

 

ジグソーパズルにもなったスヌーピーとのコラボ作品。

2021アートフェア東京 Kaws

プレミアムついていますが、amazonや楽天でも購入可能です!

SNOOPY スヌーピー ジグソーパズル 1000ピース National Gallery of Victoria NGV オーストラリア ビクトリア国立美術館 KAWS カウズ 展示会 PEANUTS ピーナッツ グッズ
ノーブランド品

 

 

2021アートフェア東京 Kaws

 

これはMeicom toyのベアブリック。限定品なのでプレミアムついていますね。

2021アートフェア東京 Kaws

こちらもamazon 楽天で購入可能

メディコムトイ MEDICOM TOY BE@RBRICK ベアブリック KAWS カウズ 400% 箱無し扱い
ノーブランド品

 

Kaws(カウズ)

1974年ニュージャージー生まれ。1990年代はじめにグラフィティアーティストとして活動。
93年から96年までSchool of Visual Artsで学ぶ
✖︎印の目のキャラクターを用いた作品で広く知られ、ユニクロをはじめ著名ブランドとも数多くコラボレーション。

 

松浦浩之

かわかっこいいキャラクターの絵ですね。

妖精の双子のような作品。

2021アートフェア東京 松浦浩之

 

ヒーロー的な作品。

2021アートフェア東京 松浦浩之

松浦裕之

1964年東京生まれ。1999年より現代アートの作品制作を開始。
2001年村上隆芸術道場GP at MOT スカウト賞入賞。
二次元の日本画から進化した漫画が今後美術表現として確立されると信じ現代アートとして作品を制作。

➡️ オフィシャルホームページ

 

HIROYUKI MATSUURA WORKS書籍

created by Rinker
¥2,640 (2021/08/01 13:21:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

くっきー

あの野性爆弾のくっきーの作品も販売されていました!

2021アートフェア東京 くっきー

 

2021アートフェア東京 くっきー

 

TIDE

IDETATSUHIROという名前で活動されていましたが、「TIDE」に改名して活躍しています。

猫をモチーフにしたキャラクターの絵画で、二次元のネコと3次元の空間を組み合わせたようなのが特徴です。

2021アートフェア東京 TIDE

 

こちらは人形のようなキャラクターの絵です。

2021アートフェア東京 TIDE

 

どこかディズニーっぽさが漂っています。

2021アートフェア東京 TIDE

 

TIDE氏

1984年生まれ。オーストラリア滞在時に水木しげる漫画に着想を得て制作活動を開始。
2009年より東京を拠点に絵描きのキャリアスタート。
ネコをモチーフとしたキャラクターと部屋のCATシリーズを中心に制作。

 

Hime

かわいい女性をモチーフとした作品。

2021アートフェア東京 Hime

 

Hime

1986年東京生まれ。2008年からアパレルで働きながらフォトグラファー活動を開始。
2013年に渡米し、海外アパレルブランドの撮影などを行う。
帰国後、東京で国内外の様々なファッションブランドの撮影を担当。2019年よりイラストレーターとしても活動。
2020年12月に京都国立博物館にて初のキャンパス作品とシルクスクリーンを発表。
80’sテイストの現代の女の子をメインとしたイラスト作品で活動中

➡️ オフィシャルホームページ

 

Kenz

 

2021アートフェア東京 Kenz

 

しりあがり寿

 

2021アートフェア東京 しりあがり寿

 

Backside works

 

2021アートフェア東京 Backside works

Backside works

福岡を拠点に活動するアーティスト。
ストリートカルチャーや1980〜90年代のサブカルチャーを基盤に作品を制作。
キャンパスにペインティング、シルクスクリーン版画やジクレーなどと混合させたミクスとメディアの現代アートを制作。
2019年よりSH ART PROJECTに所属。
現在は「ヒロイン」をコンセプトに勇敢な女の子の意味を持つVALIANT GIRLシリーズを中心に制作。

➡️ オフィシャルホームページ

 

シルクスクリーンの作品が出品されています。

KYNE untitled 2020 ED100 backside works キネ シルクスクリーン
ノーブランド品

 

 

アートフェア東京2021シリーズ第2回の記事はこちらから。
➡️ 2回目 彫刻・立体作品

 

アートの人気記事

おすすめ! 芸術家 松山智一さんの絵画を購入した話(情熱大陸でも特集!) -アートはいろんな意味で資産になる

おすすめ! 2020東京オリンピック・パラリンピック 公式アートポスターがかっこ良すぎる 浦沢直樹やジョジョの作家も参加!

おすすめ! バスキア(Basquiat)は、なぜ日本でこれほど有名になったのか

 

➡️ 2021年に行きたい美術館・展覧会

➡️ アートの記事一覧