建築家 中川エリカ の建築展に行ってきた。注目の若手建築家!

中川エリカ展 JOY in Architecture

こんにちは。建築を愛してやまないkurokoです。

 

若手建築家で中川エリカさん。ご存知でしょうか?

1983年生まれとまだ30代で活躍する若手建築家です。

2014年に独立され、今回ギャラリー間で個展をされていたので見てきました。

 

展示会を見て感じたのは、
中川エリカ氏の建築へのアプローチは、良い意味でトラディショナルなオールドスタイルであること。そして外との繋がりや周りの環境を非常に意識されているように感じました。

トラディショナルなスタイルというのがどういうことかというと、

模型がすごいです。比較的スケールの大きな模型を制作され、家具などに至るまで細かく作られています。
最近では、3DCADでコンピューター上でデザインなどを完結させることも珍しくないにもかかわらずです。

作品を見ていくと、そこで人が生活する姿が想像しやすい。
よく建築作品は、とてもキレイな写真、悪く言えば生活感の無い殺風景な作品が展示されることがありますが、中川さんの作品は、なぜか生活感が感じられます。

そして、全ての作品に共通するのが外部と内部との関係性です。
外との繋がりをとても大切にされているように感じました。

 

皆様はどう感じられるでしょうか?
ぜひ中川エリカ氏の作品を観て感じとってみていただきたいと思います。

建築家 中川エリカ氏とは?

中川エリカ氏は1983年生まれの若手建築家です。

経歴

横浜国立大学を卒業後、東京藝塾大学大学院を修了、
その後、オンデザインに7年ほど勤務され、
2014年に独立されて設計事務所を設立されています。

受賞歴

20代の頃から数々の賞に受賞されています。
40代でも若手と言われる建築業界では異例の受賞を多数していると言えるかもしれません。

2018年 U-35ゴールドメダル(塔とオノマトペ)

2018年 第34回吉岡賞(桃山ハウス)

2017年 住宅建築賞2017金賞(桃山ハウス)

2016年 第15回ヴェネツィアビエンナーレ国際建築展 国別部門 特別表彰

2015年 住まいの環境デザインアワード2016 準グランプリ受賞(コーポラティブガーデン)

2015年 ベストデビュタント賞

2013年 横浜・人・まち デザイン賞(ヨコハマアパートメント)

2012年 住まいの環境デザインアワード2012 住環境デザイン優秀賞(横浜アパートメント)

2012年 日本建築学会作品選集(ヨコハマアパートメント)

2012年 JIA新人賞

2011年 日事連建築賞 小規模建築部門 優秀賞(ヨコハマアパートメント)

出典:http://erikanakagawa.com/enweb.profile.html

 

建築家 中川エリカ氏の手がけたPJ

それでは中川エリカ氏が手がけられたプロジェクトを展示作品中心に見ていきましょう!

桃山ハウス

熱海市の桃山町の斜面にたつ桃山ハウス

1/20模型。結構大きな模型を作られるのが中川氏の特徴

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

大きな模型なので、細部も作り込まれています!

コンセプト模型。(かっこいい)

中川エリカ展 JOY in Architecture

周辺も含めたmap

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

実物はこんな感じです。

 

 

ライゾマティクス オフィス

2015年施工

あのライゾマティくすのオフィスは中川氏んが設計していたんですね!

 

1/30模型。設計初期のスタディに使われていたとのこと。

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

屋外には木で作られた模型が展示されていました

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

実物のオフィスのレポート記事がありました。(結構雑然としている感じです)
➡️ ライゾマティクス オフィス訪問レポ

 

ライゾマティクスの最新の展示会をレポートしました。

エンタメ・テクノロジー・アート集団 rhizomatiks(ライゾマティクス)とは何者か -multiplex展

 

SKIP ROOF

 

まるで屋根がないような家。
開放的な内部、街に面した半外部などのコンセプトで作られています。

緑が近くにあるというのも特徴。

1/20模型。

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

1/50敷地模型。真ん中にあるのが設計されているSKIP ROOF。
周辺の建物も結構作り込まれている印象。スタディを細かくされている。

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

スケッチ。色使いがキレイ。

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

 

鮫洲のヴィラ

 

柱と屋根の模型からは物凄い力強さが感じられる建物
この存在感のある柱は桃山邸も彷彿とさせます。

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

スケッチからはこの空間が外部のようでもあり、くつろげる内部の機能も持ち合わせているような印象

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

こうして模型をみると、どこか仏教寺院の建物のようにも見える
女性建築家とは思えないような力強さを感じますね。

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

 

高柳邸

 

家具などを含めかなり詳細に作り込まれている印象。

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

断面図。
人の絵の感じが好き。

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

素材などのスタディに使ったと思われる模型。

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

うーん実物が見たい!

 

庭基礎の家々

 

一つの世帯だった土地をつたつに分けて二世帯住宅にする計画。
ただし、全く別のではなく緩やかな繋がるように作られている。

ここでも外に開放された内部がうまく設計されているように感じた。

中川エリカ展 JOY in Architecture

ディテール。

 

丘端の家

 

1/15模型。でかい!!

細部まで作られた構造体の模型。ディテールまで細かく考え込まれている様子がわかります。

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

この作品はいくつかあったのですが、一枚しか撮れていませんでした。

 

A Study of Neighborhood in Tokyo

非常に大きな模型。

ガスメーターやエアコンの室外機まで作り込まれており、圧巻。

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

中を細かくみると、同じ区画の部屋であっても、一部屋一部屋の暮らしの違いなどをスタディされている。

 

ToToギャラリー間 展示

なんと今回の展示会の配置模型も展示されていました。
今いる空間からこの空間を設計された模型をみるのはなんともワクワクします!

中川エリカ展 JOY in Architecture

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

外部の部分もしっかりと!

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

実際にはこんな感じ

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

 

南米チリでの都市スタディ

コロナ禍の2020年3月に2週間弱かけて南米チリの6都市で野外什器のスタディの結果

膨大な写真といくつか作り込まれた模型。

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

たくさんある中で好きなのはこれ。

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

既製品の水道などではなく、かと言って完全地元民の作業でもなく、それなりにしっかりとコンクリートとレンガで作られたアート作品のよう。

チリの方は日々の生活にアートのセンスが散りばめられているのかもしれない。

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

こちらもちょっと面白い!

中川エリカ展 JOY in Architecture

 

中川エリカさんの作品は今回初めて鑑賞させていただきましたが、この建築家は恐ろしくディテールを模型で作り込んでいます。

昨今なんでも3DCADやCGなどでデザインされがちですが、リアルな手触り感やそこで人がどう思うのか、感じるのかと言ったことを大切にされている建築家なのではないかと想像しました。

 

さらに知りたい方はこちらの書籍もおすすめです。

created by Rinker
¥3,960 (2021/11/29 12:30:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

今回の記事は以上です。最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

アートの人気記事

おすすめ! 芸術家 松山智一さんの絵画を購入した話(情熱大陸でも特集!) -アートはいろんな意味で資産になる

おすすめ! 若手建築家 田根剛 の建築展に行ってきた。20代で国家プロジェクトを手がけた建築家!

おすすめ! 安藤忠雄が札幌でリノベーションをを手がけたお土産屋建築 北菓楼

 

 

➡️ 2021年に行きたい美術館・展覧会

➡️ アートの記事一覧