家族4人で行ったシンガポール旅行記 4日目(お役立ち情報あり!モデルコースとしても参考に)

シンガポール旅行記 4日目

夏休みを利用して、家族4人でシンガポールに行ってきました!

シンガポール旅行も4日目に入りました。
もう後半戦です。

ですが、今日はあの憧れのマリーナベイサンズに泊まります。
しかも、ベイスイートという超高級ルーム。(一泊17万円。。。)
冷静になると汗が噴き出してくるような金額でした。。。。

いや、テンションアゲアゲです!!

 

赤蛍光部分がこの記事の説明範囲

0日目
期待高く、シンガポールに出発!
  • 羽田空港からシンガポール航空搭乗
  • チャンギ空港到着
  • 宿泊はセントーサ島フェスティブホテルへ

0日目の記事はこちらを参照
家族4人で行ったシンガポール旅行記 0日目(お役立ち情報あり!モデルコースとしても参考に)

1日目
初日に詰め込みまくる
  • 朝食はシンガポール人気のToast Box
  • セントーサ島の巨大なマーライオン
  • シティのマーライオンを見に
  • ホーカース(マックスウェル・フードセンター)でチキンライスを
  • チャイナタウンを散策・味香園でインスタ映えかき氷
  • 巨大な動物園シンガポールズー
  • 夕食はDing Tai Fung
  • マーライオン近くの夜景

1日目の記事はこちらを参照
家族4人で行ったシンガポール旅行記 1日目(お役立ち情報あり!モデルコースとしても参考に)

2日目
水の楽園で調子にのる
  • 朝食はスタバで
  • アドベンチャー・コーブ・ウォーターでのトラブルと遊び
  • ちょっと遅めのお昼はマレーシアン・フード・ストリートへ
  • 地元の方もいくスーパーマーケットを探検
  • 夕食は、人気のラクサ
  • セントーサ島の夜のマーライオンがすごい

2日目の記事はこちらを参照
シンガポール旅行記 2日目家族4人で行ったシンガポール旅行記 2日目(お役立ち情報あり!モデルコースとしても参考に)

3日目
USSはアツかった
  • ついにUSS(ユニバーサル・スタジオ・シンガポールへ)
  • 平日に早く行くと並ばなくてすむ
  • お昼は外に出るのがお得
  • 夕食は、ホーカースへ
  • ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのナイトショー

3日目の記事はこちらを参照
シンガポール旅行記 3日目家族4人で行ったシンガポール旅行記 3日目(お役立ち情報あり!モデルコースとしても参考に)

4日目
極上のスイートルーム この記事で紹介するのはココ!!
  • マリーナベイサンズのスイートルームへ
  • マリーナベイサンズのフードコートでチキンライス
  • インフィニティプールはやっぱりすごかった
  • CLUB55でアフタヌーンティー
  • 夜は一風堂。。
最終日
バイバイシンガポール
  • 朝食はRISE
  • チェックアウトを14時にしてくれた!
  • 空港までは無料でプライベート送迎!
  • チャンギ空港で最後のチキンライスを

それでは、怒涛の1日目をどうぞ!

ついに、マリーナベイサンズに!

今日まで泊まっていたセントーサ島のフェスティブホテルに別れを告げ、マリーナベイサンズに移動する日です!!

とはいえ、前日のガーデンズ・バイ・ザ・ベイの興奮もあり、今日の朝はホテルでゆっくりです。
シンガポールに来てから、毎日早起きしてきたので、今日は少しゆっくり。。
散らかった荷物もパッキングして、行く準備を。

チェックアウトタイムは10時。
一方で、マリーナベイサンズのチェックインタイムは15時ですが。。ベイスイートを予約しているので、いくばくか早く入れるだろう。という根拠のない期待をしています。

9:30くらいに、荷物のまとめが終わり、では行くかと。。
フェスティブホテルともお別れです。

フェスティブホテルのチェックアウトは、特に部屋付の会計も無いので、ルームキーをチェックアウトボックスに入れるだけです。

マリーナベイサンズに!

タクシーを呼んでもらい、移動です。

マリーナベイサンズ

マリーナベイサンズは入り口がいくつもあるようで、Tower1の入り口を指定しました。

マリーナベイサンズ

ベイスイートにチェックイン!

ベイスイートなので、VIPのチェックインを利用できます。
といっても、意外と混んでいるのと、、
座ってチェックインができ、コーヒーやジュースなどが待っている間にもらえる。という程度のものですが。
それでもとっても嬉しいです。

ラウンジ

チェックインの手続きはすみました。
そして、期待のアーリーチェックインですが、すぐに入ることはできなさそう。(現在10:30です)
ただ、12:30には入れるように努力してみるとのことでした。

マリーナベイサンズは、スイートになるとバトラーという初日から最後まで専用の担当の方が付いてくれます。

電話番号を教えて、準備ができたら連絡するとの事で、それまでショッピングモールをぶらぶらして、昼食をとることにしました。

なお、仮の部屋のキーをもらい、これで屋上のプールやCLUB55も出入りすることができるとのこと!素晴らしい。

マリーナベイサンズだけで十分楽しめる

しばし、写真で楽しんでください!

マリーナベイサンズは建物もすごいなぁ。

こちらはショッピングモールです。
右手はTWGの紅茶屋さん

サイエンス・アート・ミュージアムです。
いやぁ、建築が素晴らしい。

女子がショッピングを楽しんでいる間に男子は、外も散歩。景色も最高ですよ。

こんなにかわいいおもちゃも売っています。

お昼はマリーナベイサンズのフードコートで再度チキンライス!

そしてフードコートもあります。

ここで私が食べたのは、チキンライスです!

もう何度目だろう。。家族はさすがに、とっくに飽きていますが、私はこれが好き。

チキンライス

そうこうしているうちに12:30を過ぎています。
あれ?まだかしら?

思い切ってバトラー君に電話してみます。

「Mr.XX、申し訳ありません。まだちょっと準備が整っておりませんので、13時までお待ちいただくことは可能でしょうか?今どちらでしょうか?ロビーの方にお戻りいただけますでしょうか?」

英語はだいぶ怪しいですが、多分そういうことだったんだと思います。

「OK. I’ll go」といって、良さそうだったので多分そうだったのでしょう。

いよいよ部屋に!

そして、バトラー君とロビーで待ち合わせして、部屋ができたから案内するとのこと。

部屋は39階です。
あまり調べていなかったので、それが高いのか低いのかはわからないが、なかなかいいじゃ無いかと。

そしていざ部屋に!

さすがベイスイート!

リビングがあって、ベットルームが2つあるところまでは、想定通り。

トイレが3つもありました。そこまでは不要かも。。

そしてお風呂も2つ!
これも一瞬2ついるのか?と思ったが、意外と4人で過ごすには便利。

そして、部屋からの景色はこちら。
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイが見渡せます!遠くにはタンカーが、たくさん。

マリーナベイサンズの詳細の宿泊記に付いては、マリーナベイサンズのベイスイートに家族4人で宿泊!思った以上のVIP対応にびっくり!で細かくレポートしていますので、合わせてどうぞ!

まずはラウンジCLUB55に!

プールに行くか、CLUB55に行くか。家族で相談しました。

屋上のインフィニティプールは、マリーナベイサンズの宿泊者しか入ることができません。
子供達はもう、ここに行きたくてたまらない。

CLUB55が、マリーナベイサンズの宿泊者でも一定のランク以上の部屋に泊まっている人しか行けません。

よりレアですね。。

それで決めるのか。という声も聞こえてきますが、とりあえず、いったことないのでいってみたい!ということでいってきました。

感想ですが、まぁそうでもないよと。。

食事はもっとたくさんありました。
14時〜16時はアフタヌーンティータイムでしたのでお酒を飲むことはできませんでした。。

インフィニティプール!

そして、マリーナベイサンズ屋上のインフィニティプールです!

水着に着替え、バスローブをまとい屋上に向かいます。
エレベーターは55階で乗り換える必要ありです。

 

これです!いやぁいい。

インフィニティプール

 

もうなんか言葉になりません。

ずっとここにいたい。って子供が言いましたが。

パパもだよ。。

後ろ側には、ジャグジーがありました。
ビーチチェアもあるので、空いているところを確保します。

少し、情報的なものも。。

  • タオルはおいてあります。いくらでももらえますので部屋のを持っていく必要はありません。
  • ビールの持ち込みはNGです。(持ち込んで怒られました。。)
  • お金は不要です。部屋付にできます。
  • ビーチチェアは結構埋まっていて、写真のようにちょっとインフィニティプールから離れたところは空いている感じです。

 

屋上を散策

その後、一旦部屋に戻り、ちょっとまったり。(その間にサプライズプレゼントをもらいました!詳しくは先の記事を)

その後着替えて、屋上に向かいます。今度はプールではなく、デッキを散策。

船の形をしているので、その先頭の部分です。
ここは、お金を払えば、宿泊客以外も入れるようで結構賑わっています。

マリーナベイサンズ

Sunset!

残念ながら、ちょっと雲が多く見えませんでした。。

シンガポール

バーがオープンし、皆楽しそう!

そして、またプールに!

いやぁ、最高です。

夜はIppudo

アルファベットで書いていますが、一風堂です。

ついに我慢できず一風堂のラーメンを食べてしまいました。

今日はここまで!夜遅くまで豪華な部屋を、いろいろと楽しみました!

しかし、素晴らしい時間ほど、早く過ぎてしまうのは、なぜなんですかねぇ。。