KAWS TOKYO FIRST -KAWSスタジオと初期の広告作品

kaws tokyo first entrance

こんにちは。ART大好きkurokoです。

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで始まった「KAWS TOKYO FIRST」に行ってきました!

入るためには、日時指定のチケットが必要なため、展示会はとっても空いてて快適!
しかし、グッズ売り場はヤバかったです。
私は、夜の18時の会でしたが、展示会に入るまでに30分並び、19時10分くらいからグッズ売り場に並びましたが、購入が終わったのは、23時過ぎだったので、まる4時間かかりました。

※並ぶ前は案内の方は2時間程度は並ぶと言われましたが、、全然長かった。。

グッズ売り場に並んだ話についてはこちらの記事をご参考に!
➡️ KAWS TOKYO FIRST グッズ売り場長蛇の列 買える商品は?定価は?

実際に購入したグッズ紹介も記事にしました。合わせてどうぞ!
➡️ KAWS TOKYO FIRST 4時間グッズ売り場に並んで買ったモノ 総額9万越え!

 

さてさて、この記事では、KAWS TOKYO FIRSTの展示内容を深掘りしていきます。
第一回の初回は、KAWSのスタジオと初期の作品について。

そもそもKAWSとは何者なのか。最初に掘り下げます。

 

KAWS

本名はブライアン・ドネリー
KAWSという名前に意味はなく、文字の並びと音が好きだったとのこと。

1974年 アメリカ ニュージャージー生まれ。
1990年代初めにグラフィティアーティストとして活躍。
1993-1996年 School of Visual Artsで学ぶ。

×印の目のキャラクター作品で広く知られ、NIKE、ユニクロなど様々なファッションブランドともコラボ。
かつて、ディズニー関連のジャングル・ピクチャーズというアニメーション会社で101匹ワンチャンのセル画を描いていた経験あり。
2000年代以降は、シンプソンズ、ミッキーマウス、ミシュランマン、鉄腕アトム、ピカチュー、スヌーピーなどともコラボ。

 

皆様のご参考になりますとうれしいです。

 

 

KAWS TOKYO FIRST コンパニオンがお出迎え

まずは、大きなCOMPANIONの絵がお出迎え。

プリントしたように筆の跡が無い綺麗な絵です。

UNTITLED (COMPANION CLOSE UP) 2013

 

そしてその反対側には巨大なCOMPANIONのフィギュア。
今回の展示の中では最も大きいです。

 

かなりの迫力ーーー

 

スマホで無料でオーディオ解説が聴ける!

今回のKAWS TOKYO FIRSTの展示会はスマホさえ持っていけば、オーディオ解説を無料で聴くことができちゃいます!

これはとってもお得なので、スマホとイヤホンを持っていきましょう!!

 

なお、こちらのリンクで、家でも聴けちゃいます。。

 

 

KAWS TOKYO FIRST カウズのスタジオ

こちらは、カウズのニューヨーク、ブルックリンにあるスタジオにあるものをそのまま持ってきているそうです!

オーディオ説明はこちらから!

 

しかし、夢のような空間ですね。
自分が作ったかわいいグッズに囲まれ、好きなアーティストの作品に囲まれ・・・

 

このソファ、インスタでよく見ますね!!
モフモフ感体験したいなぁ。

 

スタジオに置いてある物品の細かな説明もありました!
興味深い。

 

壁にかかっているのは、KAWSに影響を与えた作品もあるとのこと。
シカゴで活躍したジム・ナット、ピーター・ソウルなどの影響を受けているそうです。

 

KAWS TOKYO FIRST 広告に埋め込まれたCOMPANION

KAWSのキャリアの初期は、広告作品に初期のCOMPANIONを埋め込んで、「この作品どこかで見たよな!」と気づいてもらうことだったようです。

UNTITLED (DIESEL), 1998

 

しかし、そうそうたるブランドの広告に起用されているので、デザイナーとしても若いながらも相当評価されていたと想定されます。

Kaws tokyo first CK

 

このように広告に一部手を加えることをサブバータイジングと呼ばれています。

Kaws tokyo first CK

 

これらの作品は、2001年、初めて日本で展示会を行った際に展示された作品群でもあります。

 

日本人のモデルも使っていますね。

 

 

今回の展示会レビューはここまでです。
次回は、2000年代の作品を深掘りしていきます。お楽しみに!

➡️ 第二回 KAWS TOKYO FIRST -KAWS 2000年代の作品群

ちなみに私はこの後、グッズ並びに4時間かけました。
やっぱり4時間はかなりきつい。

時間ももったいないです。
定価では買いたいけれど、多少高くても並ばずに買うのがいい。。と思うほど。。
ちょっと調べてみると結構色々買えそうです。定価よりは高いですが。。

created by Rinker
メディコム・トイ(MEDICOM TOY)
¥488,183 (2021/08/02 11:46:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
FJHG
¥1,661 (2021/08/02 11:46:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

今回の記事は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

KAWS記事の一覧

KAWS TOKYO FIRSTレビュー
✅ 第一回 KAWS TOKYO FIRST -KAWSスタジオと初期の広告作品
✅ 第二回 KAWS TOKYO FIRST -KAWS 2000年代の作品群
✅ 第三回 KAWS TOKYO FIRST -KAWS 2010年代の作品群
✅ 第四回 KAWS TOKYO FIRST -KAWS 2020年-21年の最新作はコロナの影響と未来へのメッセージが!

KAWS TOKYO FIRSTのグッズ購入
➡️ KAWS TOKYO FIRST グッズ売り場長蛇の列 買える商品は?定価は?
➡️ KAWS TOKYO FIRST 4時間グッズ売り場に並んで買ったモノ 総額9万越え!

 

 

アートの人気記事

おすすめ! 芸術家 松山智一さんの絵画を購入した話(情熱大陸でも特集!) -アートはいろんな意味で資産になる

おすすめ! 2020東京オリンピック・パラリンピック 公式アートポスターがかっこ良すぎる 浦沢直樹やジョジョの作家も参加!

おすすめ! バスキア(Basquiat)は、なぜ日本でこれほど有名になったのか

 

➡️ KAWS(カウズ)の記事一覧

➡️ 2021年に行きたい美術館・展覧会

➡️ アートの記事一覧