KAWS TOKYO FIRST -KAWS 2000年代の作品群

KAWS TOKYO FIRST

こんにちは。ART大好きkurokoです。

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで始まった「KAWS TOKYO FIRST」に行ってきました!

入るためには、日時指定のチケットが必要なため、展示会はとっても空いてて快適!
しかし、グッズ売り場はヤバかったです。
私は、夜の18時の会でしたが、展示会に入るまでに30分並び、19時10分くらいからグッズ売り場に並びましたが、購入が終わったのは、23時過ぎだったので、まる4時間かかりました。

※並ぶ前は案内の方は2時間程度は並ぶと言われましたが、、全然長かった。。

グッズ売り場に並んだ話についてはこちらの記事をご参考に!
➡️ KAWS TOKYO FIRST グッズ売り場長蛇の列 買える商品は?定価は?

実際に購入したグッズ紹介も記事にしました。合わせてどうぞ!
➡️ KAWS TOKYO FIRST 4時間グッズ売り場に並んで買ったモノ 総額9万越え!

 

さてさて、この記事では、KAWS TOKYO FIRSTの展示内容を深掘りしていきます。
第一回の初回は、KAWSのスタジオと初期の広告に埋め込まれた作品を紹介しました。まだ読んでいない方はこちらのリンクからどうぞ。

第二回の今回は、KAWSが飛躍した2000年代の作品を掘り下げていきます。

そもそもKAWSとは何者なのか。最初に掘り下げます。

KAWS

本名はブライアン・ドネリー
KAWSという名前に意味はなく、文字の並びと音が好きだったとのこと。

1974年 アメリカ ニュージャージー生まれ。
1990年代初めにグラフィティアーティストとして活躍。
1993-1996年 School of Visual Artsで学ぶ。

×印の目のキャラクター作品で広く知られ、NIKE、ユニクロなど様々なファッションブランドともコラボ。
かつて、ディズニー関連のジャングル・ピクチャーズというアニメーション会社で101匹ワンチャンのセル画を描いていた経験あり。
2000年代以降は、シンプソンズ、ミッキーマウス、ミシュランマン、鉄腕アトム、ピカチュー、スヌーピーなどともコラボ。

 

皆様のご参考になりますとうれしいです。

 

KAWS 初期の作品

まずはKAWS初期の作品から深掘りしていきましょう。

UNTITLED (ORANGE FENCE), 2002

この頃の作品は、前回見てきたサブバータイジングの広告をハックしたような印象が強く残っていますね。

UNTITLED (ORANGE FENCE), 2002

 

IN THE WOODS, 2002

白雪姫とのコラボです。
今でこそキャラクターコラボは普通にやっているKAWSですが、徐々に変化していった歴史が見えてきます。

IN THE WOODS, 2002

顔はちょっと怖いですが・・・笑

CHUM

CHUMはタイヤで有名なミシュランのキャラクター「ミシュランマン」とのコラボです!

HK CHUM, 2002

そして、こちらは2008年のCHUMの作品。
後ほど出てきますが、2020年のCHUMはちょっと様子が違います。

CHUM, 2008

 

 

KIMPSONS SERIES

シンプソンズを文字って作ったキンプソンズの作品です。

この作品が、KAWSのひとつのターニングポイントになったといってもいいと思いますし、キンプソンズシリーズのファンは世界中にとても多いそうです。

KIMPSONS 2004

 

サーカスを舞台にキンプソンズの愉快な話が展開されているように思っちゃいますね!

KIMPSONS 2004

 

少し発色系の色を使い始めてきた印象。画面がどんどん明るくなってきますね。

KIMPSONS 2004

 

日本とも関連が深く、キンプソンズの作品はかつて原宿にあったベイプのお店に飾られたこともありました。

KIMPSONS 1

 

1997年にKAWSは初めて日本に来日しています。
日本に来日した際に言葉は通じなくとも、キャラクターでは言語を超えて通じると考えたそうです。

今日までの作風に大きく影響したのでしょうね。

KIMPSONS

KURF/ FATAL GROUP

キンプソンズで成功したカウズは次々とキャラクターコラボしています。

KURF, 2008

 

こうしてCOMPANIONっぽい顔と✖︎の目は見る人の記憶に残っていきます。

KURF, 2008

 

FATAL GROUP, 2004

FATAL GROUP 2004

 

ピカチューともコラボ!!

 

UNTITLED (COMPANION), 2002

UNTITLED (COMPANION), 2002

 

UNTITLED(KAWS ASTROBOY VS PIKACHU), 2002

なんとピカチューともコラボしています!

UNTITLED(KAWS ASTROBOY VS PIKACHU), 2002

 

UNTITLED (S.V.D.M), 2002

そして鉄腕アトムとも!!

CHUMは鉄腕アトムよりも強し!

UNTITLED (S.V.D.M), 2002

 

若干、アトムの顔は違いますねー。

UNTITLED (S.V.D.M), 2002

 

UNTITLED (S.V.D.M), 2002

 

COMPANION同士のプロレスです。

UNTITLED (S.V.D.M), 2002

 

UNTITLED (S.V.D.M), 2002

2008-2009

2008年頃からは作風が大きく変わります。

今までは、キャラクターとしっかり認識できる形でしたが、これらの絵は様々な部分が切り取られ、そして再構成されています。

COURTAINS, 2008

COURTAINS, 2008

 

以前の作品と比較すると、色使いがとても綺麗です。
発色するような色が多用されていますね。

PERILS, 2008

PERILS, 2008

 

KAWSは絵を描き始めてから今までGOLDENのアクリル絵具を使っているそうです。
また、絵具を混ぜ合わせずに、原色をそのまま使っているそうです。

同じ絵具はamazonなどからも購入可能です!

created by Rinker
Golden
¥7,969 (2021/08/03 03:24:07時点 Amazon調べ-詳細)

GATEKEEPERS, 2009

GATEKEEPERS, 2009

 

IN THE ELEMENTS 2009

IN THE ELEMENTS 2009

 

 

今回の展示会レビューはここまでです。
次回は、2010年代の作品を深掘りしていきます。お楽しみに!

➡️ 第三回 KAWS TOKYO FIRST -KAWS 2010年代の作品群

 

ちなみに私はこの後、グッズ並びに4時間かけました。
やっぱり4時間はかなりきつい。

時間ももったいないです。
定価では買いたいけれど、多少高くても並ばずに買うのがいい。。と思うほど。。
ちょっと調べてみると結構色々買えそうです。定価よりは高いですが。。

created by Rinker
メディコム・トイ(MEDICOM TOY)
¥488,183 (2021/08/02 11:46:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
FJHG
¥1,661 (2021/08/02 11:46:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

今回の記事は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

KAWS記事の一覧

KAWS TOKYO FIRSTレビュー
✅ 第一回 KAWS TOKYO FIRST -KAWSスタジオと初期の広告作品
✅ 第二回 KAWS TOKYO FIRST -KAWS 2000年代の作品群
✅ 第三回 KAWS TOKYO FIRST -KAWS 2010年代の作品群
✅ 第四回 KAWS TOKYO FIRST -KAWS 2020年-21年の最新作はコロナの影響と未来へのメッセージが!

KAWS TOKYO FIRSTのグッズ購入
➡️ KAWS TOKYO FIRST グッズ売り場長蛇の列 買える商品は?定価は?
➡️ KAWS TOKYO FIRST 4時間グッズ売り場に並んで買ったモノ 総額9万越え!

 

 

アートの人気記事

おすすめ! 芸術家 松山智一さんの絵画を購入した話(情熱大陸でも特集!) -アートはいろんな意味で資産になる

おすすめ! 2020東京オリンピック・パラリンピック 公式アートポスターがかっこ良すぎる 浦沢直樹やジョジョの作家も参加!

おすすめ! バスキア(Basquiat)は、なぜ日本でこれほど有名になったのか

 

➡️ KAWS(カウズ)の記事一覧

➡️ 2021年に行きたい美術館・展覧会

➡️ アートの記事一覧